ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISが米ディーラーにて続々展示中!なお国内では11月初め頃にはディーラーにて展示予定

F SPORTグレードによるグロスブラックのアクセントは反則急にカッコいい

そしてこちらも何かと話題となっている一文字タイプのリヤテールランプ。

リヤテールランプが豆球とちょっと古臭さはありますが、全体で見るとそこまで違和感は無いため、見慣れればそこまで気にならなくなるかもしれません。

そして北米市場では何故か装備されていないグロスブラック仕上げのトランクスポイラーですが、日本市場向けのMode Blackでは標準装備されるのでご安心を。

あとはリヤロアバンパーがグロスブラック仕上げで高級感が加味され、リヤディフューザーとデュアルエキゾーストパイプも上手くまとめられていると思います。


新型ISの国内ディーラー展示はいつになる?

まだまだ新型ISではわからない部分も多く、フロントウィンカーが点滅タイプになるのか流れるタイプのシーケンシャルになるのかは不明ですが、そういったところも実車が登場するまでのお楽しみということで、また色々とこれから妄想する日々が続きそう。

ちなみに北米市場では、先述の通り既に新型ISが展示されていますが、日本国内のレクサスディーラーでは、早くと2020年10月末頃にディーラーに到着し、11月頭頃に展示される予定です。

ディーラーによっては、展示車のみもしくは試乗車のみ、大型ディーラーともなれば展示車・試乗車の両方が準備されるかと思いますが、一応いつもお世話になっているディーラーからは、展示車が届き次第すぐに見せて頂ける予定なので、その際に細部を色々とチェックしていきたいと思います。

発売前から特別仕様車が異例の販売停止となっていますが、特別仕様車以外は2020年9月末現在では増産体制が整っているため納期も2020年2月と少しだけ短縮されています(2020年4月以降納期と記載しているサイトがありますが、そちらは増産体制前の情報なのでご注意を)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#FSportFriday just got a whole lot better! The 2021 Lexus 350 F SPORT arriving soon.

Lexus Eastern Area Office(@lexuseasternarea)がシェアした投稿 –

☆★☆新型IS関連記事5選はコチラ!☆★☆