フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300がまたも完全リーク。更に鮮明になったフロントマスクは精悍で水平基調に【動画有】

まさかこのタイミングで新型ランドクルーザー300がリークされるとは…

続いては、ロシアのカーメディアavtonovostidnya.ruよりリークされた新型ランドクルーザー300の内外装デザインをおさらい。

完全リークされた個体は2022年モデルとなるロシア市場向けの新型ランドクルーザー300とのことで、カモフラージュされたエクステリアだけでなく、何と内装も完全リークされています。

早速どういったデザインに仕上げられているのかチェックしていきましょう。


エクステリアは力強く、精悍な顔つきになることが期待される

こちらが今回、完全リークされているロシア市場向けと噂の新型ランドクルーザー300のエクステリアデザイン。

カモフラージュはまだまだ分厚めではあるものの、一部カモフラージュが剥がされた部分を見ていくと、フロントヘッドライトは連なるタイプのフルLEDを採用していて、リヤテールゲートは大口且つダイナミックな縦基調。

リヤハッチガラスも、昨今の流行りとなっているクーペタイプのような寝かせたものではなく、どちらかというと立たせ気味で後方視界もかなり充実してそうですね。

あとはテールランプが少し浮いて見えますが、水平基調で一文字風のようにも見えますね(ちょっと新型ハイランダーっぽい?)。

トヨタのエンブレムも薄っすらと確認でき、新型ランクル300で間違いなさそう

こちらはフロントグリル部分。

かなり押し出しが強く、水平基調且つ太目のバーのようなものが3本~4本ほど確認でき、フロントエンブレムには薄っすらとトヨタのCIマークが確認できますね(この時点で新型ランクル300がほぼ決定的?)。

以前、自動車情報誌マガジンXさんが完成型のドローイングを公開していましたが、そのデザインに非常に似ていますし、改めてマガジンXさんの情報収集力と信頼性の高さには驚かされるばかりです。

続いては待望の新型ランドクルーザー300のインテリアを見ていこう

そしてここからが待望の新型ランクル300のインテリアリーク画像。

まずはセンターインパネ周りを見ていきますが、既に販売終了している現行ランドクルーザー200とは大きく異なるレイアウトで、ディスプレイオーディオ?(T-Connectナビ?)は12.3インチのワイドタイプだと思われ、ダッシュボードから突き出るフローティングタイプを採用していますね。

その下にはエアコン関連の物理スイッチやレバー、シートヒーター/シートベンチレーションスイッチなどが確認できますが、パッと見た感じでは静電式タッチパネルではなさそうなので、操作性は良さそうです。

そしてエンジンスタータースイッチは、運転席側(左)のインパネ付近に設けられ、その上下付近には諸々スイッチ類も確認できます(デフロックやDAC、マルチテレインセレクト、クロールコントロールのスイッチも?)。

あとは新型ハリアー(Toyota New Harrier)と共通だと思われるセンターシフトノブや、その右隣りには置くだけ充電スペース、反対側にはオフロード走行などを楽しむトレイルモード的なスイッチやレバーなども確認できます。

12.3インチワイドディスプレイは2画面固定の可能性も?

何と12.3インチのワイドディスプレイが点灯していますが、これだけ見てみると、新型ハリアーにて不満に感じていた2画面強制固定のようにも見えたり…

個人的にはレクサスのように1画面設定にもできるようしてほしいところですが、新型ランドクルーザー300ではいかに?(現時点では何とも言えない)

ちなみにその下のエアコン関連のスイッチ類が細かく確認できますが、シートヒーター/シートベンチレーションは3段階調整、ステアリングヒーター付き、温度設定はレバー式、風向風量調整なども確認できますし、その下の鍵盤風スイッチはオーディオやホームボタン、ヘルプボタンといったナビ操作関連のスイッチ類と見て良さそうですね。

そしてこちらがステアリングホイール。

かなり武骨な3スポークタイプのステアリングホイールで、パドルシフトは無さそう。

インストルメントゲージも大きく変更されているが?

そしてこちらがメーター類。

両サイドに設けられた加速度メーターや速度計はアナログ式で、センターのTFTマルチカラーディスプレイは7インチ~8インチぐらいだと思われ、アニメーション的には新型ハリアーによく似ています。

なおロシア市場向け新型ランドクルーザー300の発売時期は、どうやらランドクルーザーの生誕月である2021年8月の可能性が高いとのことですが、日本市場向けも同年8月上旬頃を予定。

新型ランドクルーザー300の最新情報まとめ

この他、新型ランドクルーザー300の最新情報まとめは以下の通り。

【新型ランドクルーザー300の最新情報(ベストカー調べ)】

・2021年6月10日ごろにスタッフ資料がディーラーへと配信

・2021年7月1日にガソリンモデル、7月19日にディーゼルモデルの生産開始

・2021年8月上旬に発売スタート

・新世代プラットフォームTNGA+フレームボディを継承

・排気量4.6L V型8気筒自然吸気エンジンは廃止

・排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(LS500と同じエンジン)をラインナップ

・排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジンをラインナップ

・V型6気筒ツインターボ+ハイブリッドは遅れて発売?

・先代同様に四輪駆動(AWD)+トランスミッションは10速AT

・指紋認証エンジンスターターシステム(グレード別)

・ボディサイズは全長4,950mm×全幅1,980mm×全高1,870mm、ホイールベース2,850mm

・シートレイアウトは「ガソリンモデルが2列5人乗りのみ」、「ディーゼルモデルが3列7人乗りのみ」

・9インチディスプレイオーディオが標準装備

・12.3インチT-CONNECTナビ+JBLサウンド付きはメーカーオプション

▽▼▽関連記事▽▼▽

トヨタ新型ランドクルーザー300に関する最新情報、関連情報はコチラにてまとめています。

☆★☆新型ランドクルーザー300関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:avtonovostidnya.ru

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう