【米調査】なぜこんなことに…消費者が選ぶ最も満足度の高いメーカーはテスラ!トヨタやスバルは?そしてワースト1位~2位はインフィニティと日産

日産/インフィニティは、国内だけでなくアメリカでもかなり評価は厳しめのようだ

アメリカにて車を所有するユーザーを対象に「消費者にとって最も満足度の高い(好き)/低い(嫌い)メーカーブランドは?」というアンケート結果が公開されています。

毎回ユニークなアンケート結果・ランキングなどを公開しているConsumer Reportsによると、アンケート対象者は「車を所有している369,000人(台)」とのことで、一人ひとりのユーザーが自身が所有する(所有していた)車両・ブランドを点数にて評価。

評価項目としては、「運転(Driving)」「快適性(Comfort)」「車載電子機器(In-Car Electronics)」「キャビンストレージ(Cabin Storage)」「価格・価値(Value)」の5種類で、5段階評価にて行っています。

具体的にどのブランドが最も満足度が高く、どのブランドが最も満足度が低かったのかをチェックしていきましょう。


ランキング1位~6位:最も満足度が高かったのはテスラ!

早速満足度の高いランキングをチェックしていきましょう。

まずは1位~6位は以下の通り。

1位:テスラ・・・88点

2位:リンカーン・・・79点

3位:ラム・・・76点

4位:クライスラー・・・76点

5位:スバル・・・75点

6位:ヒュンダイ(現代自動車)・・・75点

何と1位はテスラの88点と高評価。

ただ各項目を見てみると、ドライビングは5点満点で、コンフォート/車載電子機器共に4点、そしてキャビンストレージ3点/バリュー1点となっていることから、価格面以外でのトータル評価は高いということに。

一方で2位~3位のリンカーンやラムも、ドライビング/コンフォート/キャビンストレージが5点満点と高評価なのですが、このあたりの評価は僅差レベルと考えて良いのかもしれません(それでも点数差は大きく開いていますが…)。

あとは国産メーカーで唯一トップをとったのが、トヨタではなくスバルの5位で75点という結果に。

ランキング7位~12位:国産メーカーのマツダ/トヨタがランクイン

続いて7位~12位は以下の通り。

7位:ポルシェ・・・74点

8位:ダッジ・・・74点

9位:マツダ・・・72点

10位:トヨタ・・・71点

11位:起亜・・・71点

12位:ミニ・・・70点

ここから日本メーカーも少しずつ増えてきていますが、7位にはポルシェ(74点)がランクイン。

やはり高級車ではなく”高額車”というイメージの強いポルシェですが、バリューという面では最低評価の1点、それ以外のドライビングとコンフォートという点では5点満点なので、平均的と言うよりかは極端な評価になってしまい、たまたまトータルで見て高得点になったという印象を受けますね。

この他マツダ(72点)とトヨタ(71点)の点数は近いものの、評価の中身が全く異なっていて、信頼性や耐久性での評価が高いトヨタは、全ての項目において5点満点評価が無かったのも興味深いところです。

残りの13位~27位、そしてワーストとなってしまったブランドはどんな評価だったのか?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう