これが噂のホンダ新型ZR-V?謎のティーザー画像公開で2021年5月3日にデビュー決定。なお一部カーメディアは2022年6月にデビューと報道

新型ヴェゼルやSUV e:Conceptに続き、今度は新興国向けの新世代SUVが登場?

2021年4月19日に中国・上海モーターショー2021にて、新世代ピュアEVクロスオーバーの新型Honda SUV e:Conceptが発表され、その数日後の4月23日にはフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼルが発売されましたが、今度は全く予想していなかった新たな新型車がデビュー予定となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ホンダ・インドネシアの公式インスタグラムでも公開されている、今回のティーザー画像ですが、デザインテイスト的にはコンセプトカーのようにも見え、且つボディスタイルはコンパクトクロスオーバーのようにも見えます。

一体どのようなモデルになるのか?噂のあのモデルのコンセプト版なのか?早速チェックしていきましょう。


デザイン的にはコンセプトカーのようにも見える謎の個体

こちらが今回、ホンダインドネシアにて公開されている新世代モデルのティーザー画像。

フロントマスクの一部やLEDデイタイムランニングライトらしきものが確認できますが、特にヘッドライトデザインはピュアEV感が非常に強くてコンセプト寄り。

フロントバンパー周りもグリルレスのようにも見えますが、デジタルプレミア元がインドネシアともなると、ちょっとEVモデルである可能性は低そう。

なおティーザー画像の下部分には、デビュー日となる2021年5月3日も記載されています。

そしてこちらがリヤテールランプ。

ホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)や、タイ市場などにて販売されている新型シティ(New City)のようなU字型LEDテールランプが採用されています。

なお現時点で具体的な車種については明らかになっていませんが、フィットベースのクロスオーバータイプとなる新型BR-Vなのでは?という意見もあれば、以前より度々噂されているエントリークロスオーバーの新型ZR-Vという意見も。

発表日直前には更なる細部のティーザー画像、もしくはリーク画像が公開される可能性も高そうですが、2021年のホンダの猛攻はまだまだ終わることは無さそうですね。

報道されればされるほどデビュー時期が延びているような…

先述の通り、2021年4月23日に発売されたホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、このモデルよりも更にコンパクトな5ナンバーSUVの新型ZR-Vが2022年6月にデビューするとの噂が浮上しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

自動車情報誌ベストカーの報道によると、トヨタ・ライズ(Toyota RAIZE)/ダイハツ・ロッキー(Daihatsu Rocky)/スズキ・クロスビー(Suzuki X-Bee)の対抗モデルとなる新型ZR-Vは、新型ヴェゼルよりも更に取り回しが楽でコンパクトな全く新しいSUVとして登場するとのこと。

当初新型ZR-Vは2021年5月に発売と報道されていた

ちなみに2020年10月のベストカーの報道によれば、新型ZR-Vの発売日は2021年5月と語っていたものの、この時期は昨今の諸事情により新型ヴェゼルの発売時期が延期される?とのディーラー情報が入っていたため(最終的に2021年4月23日となった)、同月にホンダから新型車2台が登場するのは考えにくく、新型ヴェゼルと混同しているのでは?とも考えていました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ただあれから半年以上が経過し、新たにベストカーが報じている内容を見てみると、更に1年遅れとなる2022年6月にデビューと記載しているため、ここまで来ると「本当にZR-Vは登場するのだろうか?」と疑問に感じてしまうほど。

新型ZR-Vは商標登録は完了済みだが、日本市場での市販化の可能性は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう