フルモデルチェンジ版・プジョー新型308が世界初公開!ボディサイズは大幅拡大されてPHEVも追加、VW新型ゴルフ8キラーで猛追か【動画有】

一気にカッコ良さと高級感が増した新型308、これまたとんでもないハッチバックが登場してきたな

以前より度々完全リークされていたプジョーのフルモデルチェンジ版・新型308(Peugeot New 308)ですが、遂に2021年3月18日に世界初公開されました。

2013年に2代目(T9型)として登場してから8年が経過し、ようやくプラットフォームの変更並びに内外装一新、そして新世代ロゴ(エンブレム)を装着しての最新モデルとして登場しますが、残念ながらアメリカ市場での市販化は検討していないようです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回登場した新型308は、フォルクスワーゲン新型ゴルフ8(Volkswagen New Golf 8)を競合としたCセグメントハッチバックとなり、パワートレインも環境法規制に考慮した充実したラインナップとなっています。

早速公開された新型308をチェックしていきましょう。


新型308のエクステリアをチェックしていこう

コチラが世界初公開された新型308のエクステリアデザイン。

先代308からダイナミックに変更されたフロントバンパーやフロントグリル、フロントヘッドライトなど、基本的なボディスタイル以外は全く別物レベルに進化しています(3008/  5008などのデザインを上手く踏襲)。

そしてプジョーのアイデンティティでもあるライオンの牙をモチーフにした縦型基調のLEDデイタイムランニングライトが採用され、新世代のデザイン言語であることを演出。

もう少し間近にて見てみるとこんな感じ。

GT/GT Pack用に搭載されるスリムマトリックスLEDヘッドライトを搭載しつつ、縦型基調のLEDデイライトはシームレスタイプで、そのすぐ隣のクリア部分はLEDウィンカーが搭載されているものと考えられます。

テールランプは新デザイン、ワイド&ボリューミーなリヤビュー

そしてこちらがリヤデザイン。

これまでのプジョーのラインナップには無い全く新しいデザイン言語で、フルLEDテールランプはもちろんのこと、少し向きを変化させた3つの爪を設けることで差別化をアピール。

更にブラックアウトしたガーニッシュを設けることで引き締まり感を強調し、センター直結風をイメージしているところも重なって、トレンドポイントもしっかり押さえているのはプジョーらしいところだと思います。

イメージカラー含め7色以上のボディカラーを持ち、ホイールデザインも3種類と豊富

ちなみに新型308のボディカラーは、今回公開されているイメージカラーのオリビングリーン以外にも、バーティゴブルー、エリクサーレッド、ホワイトバンキスグレー、パールホワイト、ブラックペルラネラ、アルテンスシルバーなどもラインナップされています。

足もとのアルミホイールについては、グレードによって16インチ~18インチがラインナップされているそうですが、今回は最上グレード専用の18インチアルミホイール装備しています。

新型308のボディサイズは予想以上に大きかった?!パワートレインは?気になる続きは以下の次のページにてチェ!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう