2021年3月30日に世界初公開予定のレクサス次世代コンセプトの追加ティーザー動画公開!ナイトライダー風のヨーク型ステアリング搭載で近未来的に【動画有】

レクサスの次世代BEVとして期待が高まる新たなティーザー映像をドロップ!

2021年3月30日19時にデジタルワールドプレミア予定となっているレクサスの次世代コンセプトモデルですが、今回新たなティーザー動画が公開されています。

現時点では具体的な車種までは明らかになっておらず、しかし以前公開されたティーザー画像を確認する限りでは、大型クーペSUVのようにも見えることから、LF-1 LimitlessやR450eの可能性があり、このモデルをベースに将来的に量産モデルが登場することが期待されています(少なからず新型NXではないことは確か)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

早速今回、レクサスより新たに公開されたティーザー動画の中身をチェックしていきましょう。


何とステアリング形状はナイトライダー風

レクサスが公開したティーザー動画は18秒とかなり短いものの、今回明らかになったこととしてステアリング形状が真円ではなくナイトライダー風のヨーク型ステアリングを採用していること。

以前ビッグマイナーチェンジ版・テスラ新型モデルS/モデルXにて採用されたヨーク型と同じで、近未来的でありながらもかなり操作性の難易度が高そうな見た目でもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

レクサスが実際にヨーク型ステアリングを市販モデルに適用するか不明ですが、将来自動運転が普及するタイミングにて取り入れられる可能性も十分に考えられますし、その先駆けとしてテスラが導入しているぐらいですから、意外と早いタイミングにて導入してくるかも?

あと物理スイッチ系は特に設けられておらず、基本的にはタッチパネルもしくは音声での操作がメインとなるかもしれませんね。

ヨーク型ステアリング以外にも、次世代コンセプトモデルを上から撮影した映像も公開されていますが、映像を見る限りだと前後の車軸に電動モーター、床にバッテリーを搭載していることから、オールエレクトリック式のプラットフォームを示唆。

またシートレイアウトは2列4人乗り仕様で、駆動するポイントや人に電気が流れるかのようなユニークな演出も。

やはり次世代コンセプトには噂のDIRECT4が搭載される?次期NXにはDIRECT4が設定される?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう