【国産乗用車編】2021年3月の登録車新車販売台数ランキング50を公開!2020年度のトータル販売台数ではトヨタ勢が上位5車種完全独占

ヤリスシリーズが唯一の2万台で圧勝!売れ方が軽自動車並みで強すぎる

さて、毎月発表される各月登録新車販売台数ランキング。

今回は2021年3月度の乗用車・新車販売台数を公開していきたいと思いますが、2020年9月度のトヨタ新型ヤリスシリーズ(ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス)の2万台超えの販売台数を記録して以降、そこからは常にトップを走り続けていますが、今回も唯一の2万台超えを果たすことに。

しかも上位7車種に至っては1万台を超えるほどの人気っぷりで、モデル末期のトヨタ新型アルファードがトップ3を継続中。

しばらく新型ヤリスシリーズ含めトヨタの牙城を崩すことは難しいかもしれませんが、これを何とか上回ってほしいのが日産の新型ノートe-POWER。

本来であれば、2021年3月24日に発売予定だった3ナンバー&プレミアムコンパクト仕様の新型ノート・オーラと組み合わせて、新型ヤリスと真っ向から勝負するつもりでしたが、昨今の諸事情や半導体の供給不足が原因で2021年初夏に販売延期が濃厚と言われています。


2021年3月度の新車登録販売台数ランキングはこうなっている

2021年3月度の(乗用車)新車販売台数ランキングは以下の通り。

【2021年3月度の登録新車販売台数ベスト50】

  1. トヨタ・ヤリス:28,446台
  2. トヨタ・ルーミー:16,504台
  3. トヨタ・アルファード:13,986台
  4. 日産・ノート:13,352台
  5. トヨタ・カローラ:12,667台
  6. トヨタ・ライズ:12,272台
  7. トヨタ・ハリアー:10,428台
  8. トヨタ・ヴォクシー:9,891台
  9. ホンダ・フリード:9,764台
  10. ホンダ・フィット:9,231台
  11. 日産・セレナ:9,207台
  12. トヨタ・シエンタ:8,682台
  13. トヨタ・プリウス:6,721台
  14. トヨタ・ノア:6,377台
  15. スズキ・ソリオ:6,089台
  16. ホンダ・ステップワゴン:5,995台
  17. トヨタ・RAV4:5,334台
  18. トヨタ・アクア:5,304台
  19. スバル・レヴォーグ:4,892台
  20. マツダ・CX-5:4,845台
  21. 日産・キックス:4,801台
  22. マツダ・MAZDA2:4,457台
  23. トヨタ・ランドクルーザーW:4,395台
  24. トヨタ・パッソ:4,186台
  25. マツダ・CX-8:4,073台
  26. スバル・インプレッサ:4,009台
  27. マツダ・CX-30:3,895台
  28. スバル・フォレスター:3,646台
  29. スズキ・スイフト:3,459台
  30. マツダ・MAZDA3:3,122台
  31. トヨタ・C-HR:3,023台
  32. 三菱・デリカD:5:2,963台
  33. トヨタ・クラウン:2,939台
  34. ダイハツ・ロッキー:2,578台
  35. ホンダ・オデッセイ:2,419台
  36. スズキ・ジムニーワゴン:2,267台
  37. ダイハツ・トール:2,167台
  38. ホンダ・シャトル:2,041台
  39. 日産・エクストレイル:2,041台
  40. スズキ・クロスビー:1,977台
  41. トヨタ・エスクァイア:1,794台
  42. ホンダ・ヴェゼル:1,789台
  43. マツダ・CX-3:1,722台
  44. 日産・リーフ:1,603台
  45. トヨタ・カムリ:1,472台
  46. ホンダ・シビック:1,464台
  47. 三菱・エクリプスクロス:1,441台
  48. 日産・マーチ:1,358台
  49. トヨタ・ヴェルファイア:1,183台
  50. トヨタ・ハイエースワゴン:1,052台

ランキングは上の通りとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

「コンパクトカーよりもフラッグシップミニバンが売れる」特殊な時代に

なお今回のランキングで大きく貢献しているのが、4位につけたフルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERですが、これよりも更に売れているのが3位のトヨタ新型アルファード。

価格帯も車格も全く異なる2車ですが、フラッグシップミニバンがコンパクトカーに販売台数で上回るというケースは非常に稀で、これも昨今の諸事情による公共交通機関の利用自粛や、家族で大型移動が増えたことから、ミニバン需要が格段に上昇したのだと思われます。

そして新型アルファードを選択するユーザーの多くが、「トヨタを買っておけば間違いない」「リセールが良い」「質感や見た目で良い」「モデル末期で値引きも大きいから」「新型アルファードクラスの競合が居ない」という理由から購入しているものと考えられ、こうした特殊な時代だからこそトップ3に付けるほどに売れまくっているのではないかと思います。

2020年度(2020年4月度~2021年3月度)の累計新車販売ランキングを公開!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう