レクサス北米が「ながら運転」の危険性を警告する映像を突如公開!スマホを見ながらの運転は「4.6秒間、視界が真っ白になる」のと同じ…その恐ろしさを動画にて体験してみよう【動画有】

これ以上の犠牲者を出さないためにも、人々がどれだけ危険なことをしているのかを知ってほしい

レクサス北米が突如として公開した「ながら運転」の危険性を警告する動画Driving Disruptedが大きな話題となっています。

今回この動画を公開した理由としては、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の調査により、ドライバーが運転中にスマホ操作をする「ながら運転」を行うことで、スマホからテキストや画像などを受信するのに平均4.6秒かかるとして、その4.6秒という僅か時間の間に数多くの人々の命が失われているとのこと。


たかが4.6秒、されど4.6秒

こうした非常に危険な行為は、アメリカだけでなく日本でも数多く見られ、普通に一般道や高速道路を走行していても、スマホを操作しながら運転している若者・高齢ドライバーが多く見られるのも事実。

なおNHTSAの調査によれば、2019年にこうした視界から目をそらした「ながら運転」で3,142人もの命が奪われているとのことから、レクサスが急遽サブコンパクトSUVのNXを改造して、4.6秒間視界(ウィンドウ)を真っ白にし、どのような運転になってしまうのかを実験しています(そのため車名はNX4.6)。

こちらが実際にモニタリングに協力した男性の車内。

約90km/hという速度にて走行中、周りの視界が完全に真っ白(トヨタ新型ハリアーのように調光操作で白くしている模様)になってしまうと…?

もちろんモニタリングに協力したドライバーたちは、NX4.6が「4.6秒間視界が真っ白になる」ことは一切知らされていないため、いきなり目の前の視界が真っ白になったことで大パニック。

こういった世界が、「ながら運転」を行っている最中に当たり前のように起きているため、自分たちが普段どれだけ危険且つ人の命を殺めてもおかしくない行為をしているかがよくわかる動画だと思います。

4.6秒間視界を奪われた瞬間、クルマは一体どうなっている?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう