フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルはなぜここまで他メーカーに揶揄される?「マツダっぽい」は変わらず…「SUV界のプロボックス」など

新型ヴェゼルのサイドビューは水平基調?

ちなみに最近では、新型ヴェゼルの(実車を拝見されずに)サイドビューを見て「度を超えた水平基調」「SUV界のプロボックス」と表現されている方もいらっしゃいますが、このように感じ取られるのもその人の感性あってこそだと思いますし、瞬間的に「プロボックス(他車)」と思えるインパクトがあったのだと感じられます。


新型ヴェゼルはロングノーズを意識したファストバックSUV

ちなみに新型ヴェゼルのサイドビューは、水平基調ではなくファストバックSUVを採用していて、トップルーフやサイドスカートともに後方へ向かって絞られている流麗スタイルを意識しています。

実際に有名フォトグラファーさんにもサイドビューを撮影して頂きましたが、こうして立体的な画像で見てみると、後方へと絞られていき、リヤテールゲートが後方へと突き出すファストバックスタイルなのが確認できるかと思います。

内装もよく考えられたデザインだと思う

こちらは新型ヴェゼルの内装。

撮影の仕方次第で、ここまで印象が異なってきます。

e:HEV Zのインテリアカラーはオールブラックで、「暗い印象」と云われる方もいらっしゃいますが、こうして見ると「ブラックも中々にイケてる」と感じられるかもしれません。

本革ステアリングホイールのちょっとしたテカリや、インパネ周りの合成皮革トリム、メタリック風で高級感を演出する三連ダイヤルのオートエアコン、そしてセンターシフト周りのメタリック加飾など、一つ一つのデザインの主張がはっきりとしていて、乗り込む時のワクワク感などを与えてくれるのも、新型ヴェゼルのグッドポイントだと思います。

ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼルに関するインプレッションや維持費、トラブルなどは、コチラにて全てまとめております。

☆★☆新型ヴェゼル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう