ホワイトパール塗装剥がれはトヨタだけじゃない!2010年式付近の日産セレナ(C26型)でも度重なる塗装剥がれが発生しているようだ…新型ノートでは塗装ムラも?

トヨタのホワイトパール塗装剥がれ以外にも、少しずつ拡大している日産のホワイトパール塗装剥がれ問題

以前より度々公開しているトヨタ・プリウス(Toyota Prius)/ヴァンガード(Vanguard)/ランドクルーザープラド(Land Cruiser Prado)といった、保証対象外モデルのホワイトパールクリスタルシャイン塗装剥がれ問題について。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既にトヨタ公式では、一部対象となっているアルファード(ALPHARD)/ヴェルファイア(VELLFIRE)/ハイエース(HIACE)の無償修理(改善対策でありリコールではない)を公式プレスリリースにて発表しましたが、実はトヨタのホワイトパール塗装剥がれ以外にも、日産のとあるモデルでも塗装剥がれが発生していることをご存じでしょうか?

早速、どの年式のどのモデルが塗装剥がれを起こしているのかチェックしていきましょう。


日産の2010年式付近となるセレナ(C26型)にてホワイトパール塗装剥がれが発生している模様

こちらが問題となっている日産のホワイトパール塗装剥がれ。
※ブログ読者様より提供。

モデルは2013年式のミニバンタイプ・セレナ(Nissan Serena, C26型)で、後席サイドウィンドウ下にあるサイドボディの塗装がゴッソリと剥がれているのが確認できるかと思います。

約7年ほど所有してから、いきなり塗装剥がれが起きた模様

塗装というよりも、まるでラッピングがペリペリと剥がれたような衝撃的な画像でもありますが、読者様の情報によると、約7年ほど所有している間は特に問題なかったものの、2020年10月ぐらいからいきなり塗装が剥がれてしまい、現在も広範囲にて塗装剥がれが発生しているとのこと。

上の画像はあくまでも一部になりますが、後席サイドウィンドウ周りだけでなく、フロントドア付近まで塗装剥がれが拡大してしまい、見た目もかなり酷い状態になっているようです。

残念ながら、日産のホワイトパール塗装剥がれはそこまで周知されていない模様

なおこうした塗装剥がれについては、日産公式においても具体的な見解などは示されておらず、「なぜトヨタのように改善対策まで行きつかないのか?」という疑問も。

おそらくはトヨタのホワイトパール塗装剥がれのように、SNSなどを通して塗装剥がれの情報が拡散されていない可能性が高く、これを日産が認識していないのかもしれません。

そうなると、先述のように塗装剥がれ被害を受けている日産ユーザーを対象に、SNSはもちろんのこと、国土交通省へと塗装剥がれが拡大している旨を報告する必要があり、とにかく被害数の多さをアピールする必要がありそう。

ちなみにこの問題は、セレナ(C26型)だけでなく、同じホワイトパールがラインナップされているエクストレイル(X-Trail)やエルグランド(Elgrand)、シルフィ(Sylphy)/先代ノート(Note)/NV350などでも発生していることは過去のブログでもご紹介済み。

▽▼▽関連記事▽▼▽

広範囲に渡っての塗装剥がれの修理見積もりはいくらぐらいになった?納車されたばかりの新型ノートe-POWERでは塗装ムラが発覚?気になる続きは以下の次のページにてチェック!