【朗報】追加生産が決まったホンダS660は転売禁止の誓約書付きだった!ホンダ新型ZR-Vの起源となるであろうSUV RSコンセプトはSNSでも好評だった

2022-03-09

650台の追加生産で何かと物議を醸したS660…今度は誓約書問題で更に物議を醸すかもしれない?

さてさて、2022年3月で生産終了することが決定し、2021年3月時点で完売となったホンダの軽オープンスポーツモデルのS660ですが、急遽650台のみ(αとβの2グレード)追加生産が決定し大きな話題となりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既に600台分に関しては、全国のホンダディーラーに割り当てられ、本当に購入したいユーザー向けに販売され”ほぼ完売”となりました。

そして残りの50台分(αが40台/βが10台)に関しては、ホンダ公式ホームページを経由して応募する抽選販売方式となり、2021年11月12日~12月15日まで受付けをスタートするわけですが、この後仮に当選→最寄りのホンダディーラーにて商談を進めた後、最も問題視されそうなのが「転売禁止の誓約書にサインを求められる」ということなんですね。


販売終了以前に購入・納車待ちの人は誓約書にサインしなくても良いの?

これまた色々と話題を呼びそうな内容だと思いますが、650台の追加生産分に関しては、まさかの誓約書にサインを求められるということで、世界限定350台のみ(日本は30台のみ)販売された特別限定車NSX Type Sや、トヨタ新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)と同じ方式をとるとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、こういった誓約書にサインを求められる場合、もう一つ問題になってくるのが2021年3月の販売終了以前にS660/S660 Modulo X version Zを購入・契約した人が、2021年11月時点で納車待ちの場合、その人たちは転売禁止の誓約書にサインしなくても良いのか?ということ。

おそらくホンダとしては、あくまでも「追加生産分」に対してのみ誓約書のサインを求めるスタンスになるのでは?とも考えていますが、場合によっては販売終了前に購入された方々と、追加生産枠の方々が同じタイミングにて納車される場合、もしかすると「納車のタイミングで」誓約書にサインを求められる可能性も考えられるかもしれません(じゃないとお客さんがクレームが来そう)。

ホンダはどうやら650台の追加生産で本当に販売終了するようだ

ちなみに前回のブログでは、「なぜS660に合わせて660台の追加生産しなかったのか?」とSNSで話題になったことを取り上げましたが、どうやら2022年3月末までの生産スケジュールに、ギリギリ生産できる台数が”たまたま650台”だったというだけで、敢えて10台少なくしたというわけではないとのこと。

従って、最後の最後にホンダからのサプライズで限定10台のみの特別仕様車が登場するという可能性は無いとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ホンダ新型SUV RSコンセプトのデザインはSNSにて好評!これが新型ZR-Vとして販売される?気になる続きは以下の次のページにてチェック!