アウディ新型RS Q8/BMW新型iX3などにリコール&改善対策!更にBMWとフォルクスワーゲンが生産休止を予告と報道。ただでさえ長納期で大変な時期なのに…

サイドミラーグラスが法的要件を満たしていない恐れがある

アウディの最上位SUVモデルとなるRS Q8の1車種・110台にリコール。

不具合内容としては、助手席側ドアミラーのミラーグラスにおいて、製造時の工程管理が不適切なため、誤ったミラーグラスが使用されているものがあるとのこと。

当該ミラーグラスは、寸法が規定より小さいため、法的要件を満たしていないおそれがあるとしてリコールを届け出ています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は起きておらず、本国からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[RS Q8]
・3AA-F1DHUA/WUAZZZF10MD018985~WUAZZZF1XMD042856/令和2年12月25日~令和3年9月14日/110台

改善措置としては、全車両、助手席側ドアミラーのミラーグラスを正規品と交換するリコール作業を実施するとのことです。


最悪の場合、衝突被害軽減ブレーキが作動しない恐れがある

続いては、BMW5シリーズ/X3/M5/iX3などの19車種・計967台に改善対策。

不具合内容としては、フロントレーダー センサー(FRS)の電子制御ユニットのプログラムが不適切なため、前方を走行する自転車との衝突の危険がある状況など特定の条件下で正しく認識できないことがあるとのこと。

そのため、作動条件下において、衝突被害軽減ブレーキが作動しないおそれがあるとして改善対策を届け出ています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は起きておらず、本国からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[523i]
・3BA-JR20S/WBA72AG020CF24169 ~ WBA72AG060CF83807/令和 2 年 8 月 18 日 ~ 令和 2 年 11 月 16 日/6台

・3BA-JR20S/WBA72AG040WW87661 ~ WBA72AG060WW99844/令和 2 年 7 月 1 日 ~ 令和 2 年 10 月 19 日/6台

・3BA-JR20S/WBA72AG050WX00272 ~ WBA72AG0X0WX01143/令和 2 年 10 月 21 日 ~ 令和 2 年 10 月 28 日/2台

[530i]
・3BA-JR20S/ WBA52BH080CE77256/令和 2 年 6 月 30 日/1台

・3BA-JR20S/WBA52BH080CF25208 ~ WBA52BH020CF71391/令和 2 年 8 月 19 日 ~ 令和 2 年 10 月 9 日/6台

・3BA-JR20S/WBA52BH080WW91823 ~ WBA52BH060WW92582/令和 2 年 8 月 31 日 ~ 令和 2 年 9 月 3 日/2台

・3BA-JR20S/WBA52BH090WX00304/令和 2 年 10 月 21 日/1台

[523d xDrive]
・3DA-JF20/WBA52BL050CE77156/令和 2 年 6 月 29 日/1台

他530e iPerformance/540i xDrive/523d xDriveツーリング/530iツーリング/540i xDriveツーリング/X3 xDrive20i/X3 xDrive20d/X3 xDrive30e/X3 M40i/X4 xDrive30i/X4 xDrive20d/X4 M40i/M5/M550i xDrive/iX3 M Sportはコチラにて掲載されています。

BMWとフォルクスワーゲンが生産休止を予告と報道

続いて海外メディアBloomberg(ブルームバーグ)より、BMWとフォルクスワーゲン(VW)が、昨今の世界情勢による影響で部品供給で滞っていることを理由に、生産休止を予告したと報道しています。

2022年3月1日、フォルクスワーゲン最大の生産工場ともいえるウォルフスブルク工場において、一部生産ラインの稼働を3月7日の週に休止し、その翌週には全面的な生産停止を行うと明らかにしたとのこと。

そしてBMWも同様で、具体的にどの生産工場が稼働停止となるかまでは明らかにしていないものの、某国での組立や輸出がストップすることが主な原因となっているそうです。

まさかここまで負の連鎖が続くとは…例の貨物船ファシリティエースが沈没

また一方で、商船三井が運航する貨物船ファシリティエースが、ドイツからアメリカに高級車を運んでいた際、2022年3月16日に大西洋のアゾレス諸島近くで火災を起こし、その後約4,000台のものポルシェ(1,100台)やベントレー(189台)、ランボルギーニ(不明)といった高級外車を乗せたまま漂流していましたが、何とこれらのモデル含め、ファシリティエースに曳航(えいこう)が始まって水が入り込み、最終的には傾いて船が沈没したとのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これにより、フォルクスワーゲングループは数百~数千億円規模の損失を受けることとなりますが、先述にもある通り、昨今の世界情勢による影響にて生産休止となるため、おそらく納期自体も不明なままになるのではないかと予想されます。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省①ブルームバーグライブドアニュース