【価格は高い?安い?】(2023年)一部改良版・ホンダ新型フリードBLACK STYLEの見積もりしてみた!何とDOPで15.6インチ後席モニターが選択可能に

ホンダの売れ筋モデル・フリードは、今回の特別仕様車追加で更に勢いをつける?

2022年6月23日に発表/同月24日に発売予定となっているホンダの一部改良版・新型フリード(Honda New FREED)ですが、前回は同車のグレード別価格帯をどこよりも早くお伝えしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ホンダのエントリーコンパクトミニバンで、トヨタ・シエンタ(Toyota Sienta)を競合とする一台ですが、2022年は一部改良に留まり、2023年以降にはフルモデルチェンジ予定となっています。

今回は、そんな一部改良モデルに新設定される特別仕様車BLACK STYLEの見積もり内容を取得しましたので、早速その中身をチェックしていきたいと思います。


特別仕様車BLACK STYLEの特別装備内容は?

まずはおさらいも兼ねて、特別仕様車フリードBLACK STYLEの装備内容やボディカラーなどをチェックしていきましょう。

今回の特別仕様車では、G Honda SENSING[2WD/4WD]とHYBRID G Honda SENSING[2WD/4WD]をベースに、ブラックのアクセントを重要視した一台に仕上げられるとのこと。

ちなみにクロスオーバースタイルのCROSSTAR/HYBRID CRSOSSTARではラインナップされないのですが、その理由として、特別仕様車ではCROSSTARのフロントバンパーが採用されるから。

この他のBALCK STYLEに関する詳細は、以下の関連記事をチェックしていただけますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

特別仕様車BLACK STYLEでは、クリスタルブラックパールのボディカラーは設定されない

ちなみに特別仕様車BLACK STYLEでは、以下の通りボディカラーは全4色しかラインナップされず、おまけに無償カラーのクリスタルブラックパールがラインナップされないのがちょっと残念なところ。

もしかするとフリードでは、クリスタルブラックパールはそこまで人気色ではなかった?ということも考えられますが、確かに黒系のフリードはほとんどみたことがなく、オレンジ系やブルー系を目撃することが多かったように感じられます

◇トワイライトミストブラックパール

◇フィヨルドミストパール

◇プラチナホワイトパール

◇シルバーミストグリーン

特別仕様車BLACK STYLEの価格帯は?

そして今回は、特別仕様車BLACK STYLEの見積もりをご紹介していきますが、こちらもおさらいのために車両本体価格をチェックしていきましょう。

【(2023年)特別仕様車フリードBLACK STYLEのグレード別暫定価格帯一覧(10%税込み)】

[ガソリンモデル]

◇特別仕様車G BLACK STYLE(3列6人乗り):[2WD]2,413,400円/[4WD]2,578,400円

◇特別仕様車G BLACK STYLE(3列7人乗り):[2WD]2,435,400円/[4WD]2,600,400円

◇特別仕様車G BLACK STYLE(2列5人乗り):[2WD]2,435,400円/[4WD]2,600,400円


[ハイブリッドモデル]

◇特別仕様車HYBRID G BLACK STYLE(3列6人乗り):[2WD]2,699,400円/[4WD]2,864,400円

◇特別仕様車HYBRID G BLACK STYLE(3列7人乗り):[2WD]2,721,400円

◇特別仕様車HYBRID G BLACK STYLE(2列5人乗り):[2WD]2,721,400円/[4WD]2,886,400円

上の価格帯より、今回は3列6人乗り仕様の特別仕様車G BLACK STYLEと、2列5人乗りの特別仕様車HYBRID G BLACK STYLEの見積もりをご紹介していきたいと思います。

見積もりの詳細については、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!