【悲報】トヨタ新型カローラクロスHEVが2022年5月末で受注一旦停止へ。納期1年以上で目途が立たない模様…一部改良でカローラシリーズ同様にフル液晶メーターにアップデート?

2022-07-06

ガソリンモデルのトヨタ新型カローラクロスの受注はどうなる?

引き続き、トヨタ新型カローラクロスについてチェックしていきましょう。

そうなると「ガソリンモデルのカローラクロスはいつまで受注を受け付けるの?」ということになりますが、2022年5月時点での納期が5か月~半年ほどですから、この状態が継続されるとなると、2023年2月~3月頃に受注一旦ストップということに。

ただし、ハイブリッドモデルの受注が一旦停止することで、ハイブリッドからガソリンモデルへと検討するユーザーも増えてくることも考えられるため、今まで以上に更に納期が延びることも考えられることから、もしかすると(早くて)2022年末頃にガソリンモデルも受注一旦停止となることが考えられるかもしれませんね。

これはあくまでも推測の域になるので、私の考えが外れることもあり得るので参考程度に見て頂けるとありがたいのですが、詳細が明らかになり次第、すぐに当ブログにて展開できればと思います。


新型カローラクロスが一部改良するとなると、どのようにアップデートされる?

ちなみに、「仮に2023年9月頃に初の一部改良」を迎える場合、新型カローラクロスはどのように変化・改良する可能性があるのかを予想していきましょう。

おそらくは、同じTNGA-Cプラットフォームをベースとするカローラセダン/カローラツーリング/カローラスポーツの一部改良がベースになると予想されます。

◇ガソリンモデルのパワートレインが排気量1.8L 直列4気筒自然吸気エンジンから排気量1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに変更?

◇ハイブリッドモデルは、新型ノア/ヴォクシーと同じ第5世代ハイブリッドシステムにアップデートされる?

◇メーターサイズはグレードによって4.2インチ→7インチ、7インチ→12.3インチフルデジタルに拡大?

◇ディスプレイオーディオが新世代コネクティッドナビ対応?

◇HDMI端子がディーラーオプションとして追加

ちなみに2022年5月時点では、新型カローラクロス以外にも新型ミライ(New Mirai)やルーミー(Roomy)も受注一旦停止となっていて、後者に関しては既に一部改良の情報を展開済ですので、検討されている方は参考にしていただけますと幸いです。

新型カローラクロス関連記事