これが日本仕様の一部改良版・トヨタ新型ハリアー/カローラにも設定される12.3インチフルデジタルメーターか!欧州にて(2023年)新型RAV4/RAV4 PHVが世界初公開!

おそらく日本市場向けも概ね同じ仕様で発表・発売されそうだ

日本市場でも2022年10月に発表・発売予定となっている一部改良版・トヨタ新型RAV4(PHV)ですが、同年6月22日に一足早く欧州市場向けの内外装デザインが世界初公開されました(生産開始時期は2022年第三四半期を予定)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回公開された欧州市場向け新型RAV4ですが、グレード展開としてはハイブリッドモデルとプラグインハイブリッド(PHEV)の2種類で、以下の内容が改良・変更されるとのこと。

◇新世代マルチメディアシステム(12.3インチフルデジタルメーター)

◇カスタマイズ可能なドライバーデジタルコンビメーター

◇Toyota Safety Senseのアップデート

早速、新型RAV4の改良・変更ポイントをチェックしていきましょう。


(2023年)新型RAV4のエクステリアは特に変更無し

まずは(2023年モデル)新型RAV4のエクステリアからチェックしていきましょう。

フロントマスクやヘッドライト意匠は、現行(2022年)モデルから特に変更なく、足もとのアルミホイール意匠なども変更無し。

ちなみに2022年モデルでアップデートされたヘッドライト意匠ですが、新型カローラクロス(New Corolla Cross)がモチーフになっていると考えられ、U字型LEDデイライトや単眼LEDヘッドライトといった個性的なデザインが欧州市場では人気が高いようです。

今回の一部改良のメインはメーターやディスプレイオーディオ

そしてここからが、最も大きく変更されているインテリア。

ぱっと見はそこまで大きな変化は無いように見えますが、ディスプレイオーディオには新世代コネクティッドナビ(欧州ではスマートサービスデータパッケージ?)が採用され、新型ノア(New Noah)/ヴォクシー(New Voxy)と同じマップレイアウト、そしてメディア再生やエネルギーフローなども最新のUI(ユーザーインターフェース)が採用されています。

欧州では初となるスマートサービスデータパッケージを設定することで、ユーザーエクスペリエンスは付属のMy TOYOTAスマートフォンアプリとつながることができ、運転分析や燃料レベル、警告、車両トラッカーなどのさまざまな車両情報を読み込むことができます。

この他にも、ワイヤレスにてAndroid Auto/Apple CarPlayの接続が可能になりますが、おそらく日本市場向けも同様の仕様になると思われます。

12.3インチフルデジタルメーターのレイアウトや情報量は?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!