何と…ホンダ新型ヴェゼルe:HEV PLaYが期間限定販売で復活!e:HEV Zはボディカラー&内装色追加。そして(2023年)一部改良版・日産の新型V37スカイラインも2022年9月に発表へ

ハイブリッドモデルは廃止ながらも、ガソリンモデルのみ一部改良で商品力をアップする日産V37スカイライン

以前よりSNSにて販売終了の噂が浮上していた日産V37スカイライン(Nissan V37 SKYLINE)。

ハイブリッド(HEV)モデルは正式に生産・販売終了しますが、ガソリンモデル(400R含む)は引き続き販売されています。

そんなV37スカイラインのガソリンモデルが、一部改良版として2022年9月に発表/同年10月に発売予定となっています。

いつもお世話になっている日産ディーラーからの情報により、今回の一部改良では、以下の内容で改良・変更が加えられる予定です。

【(2023年)新型V37スカイラインの一部改良内容一覧】

◇ハイブリッド(HEV)モデル廃止

◇法規制対応(排ガス・騒音規制など)

◇ボディカラー「ステルスグレー」が廃止

◇ボディカラー「ミッドナイトパープル」追加

◇新生”NISSAN”ロゴに変更(フロント・リヤエンド、アルミホイールキャップ、エンジンカバー等)

◇300GTのグレード構成見直し

◇300GT専用メーカーオプション追加
・シートカラー:ブラウン
・専用スポーツシート
・シートヒーター
・杢目調フィニッシャーアクセント 等

◇400R専用メーカーオプション追加
・専用スポーツシート
・オーナメントメッキ加飾追加 等


新型アリア/ノートオーラ/GT-R R35 T-Specに続き、V37スカイラインにもミッドナイトパープルを追加!

今回の一部改良で驚きだったのは、新型アリア(New Ariya)やGT-R R35 T-Specで設定され、そして2022年10月に発売予定となっている一部改良版・新型ノートオーラ(New Note Aura)にも追加予定のミッドナイトパープルのボディカラーが追加設定されること。

スカイラインGT-R時代からミッドナイトパープルが採用されてきたわけですが、まさかV37スカイラインでもミッドナイトパープルを設定してくるとは…かなり胸アツな改良ではないかと思います。

日産関連記事