レクサス金沢御影に行ってきた。「LS」2台、「LC」も展示と豪華な顔ぶれに

2020-05-26

さて、諸々の用事により石川県金沢市にあるレクサス金沢御影さんへ訪問することに。
こちらでは、以前私が所有する「CT」のトラブルがあった際に非常にお世話になったディーラさんで、そのときのご挨拶も兼ねて訪問させていただきました。
また、この日は天候もとても良かったため、普段使いの「CT」とは違う車両にて訪問したわけですが、当時トラブル対応いただいた担当メカニックさんやセールスさんが私の顔を覚えて頂いていて、当時のトラブルの話から車両の状態や過走行具合の確認等で話が弾み、非常に暖かい雰囲気で迎えてくださりました。

【関連記事】
レクサス金沢御影に行ってきた。室内は広く「LC500/LC500h」のコラボ展示も
【悲報】レクサス「CT200h F SPORT」のホイールとフロントフェンダーに傷がつく


セールスさんと話をしながら店内に入っていくと、中では新型「LS」の特別展示が行われており、最上位グレードの「LS500h “EXECUTIVE”」と「LS500h AWD “F SPORT”」の2台が展示。

この日はお客さんも少なかったため、じっくりと「LS」を拝見することができましたが、やはりレクサスが自信を持って世に送り出したフラッグシップセダンなだけあって、その厳つい雰囲気に飲み込まれそうな程。

まずは「LS500h “EXECUTIVE”」。
新型「LS」の最上位グレードで、いわゆる法人車両としては持って来いのおもてなし車両となります。
ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレークで、内装はシンプルなブラック。
駆動方式としては、雪国地域としては珍しい後輪駆動(2WD)となりますが、車両本体価格は16,400,000円。諸々のオプション込で17,000,000円近くまで跳ね上がりますが、設定オプション自体は非常に少ない印象。
ちなみに、レクサス金沢御影さんでは、新型「LS」のオーダーが60件以上、5台が既に納車されている模様。

【関連記事】
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本を代表するフラッグシップ高級サルーン、その複雑さと美しさにため息【エクステリア編】
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本文化と匠の技術を駆使した美の集大成【インテリア編】
レクサス・新型「LS」のカタログを入手。フラッグシップモデルだけあってやはり気合いが違う一冊

こちらは「LS500h AWD “F SPORT”」。
レクサスのスポーツモデル”F SPORT”となりますが、フロントのスピンドルグリルがL型を幾重にも重ねた複雑なものではなくメッシュ(網目)タイプとなります。
ボディカラーは、F SPORT専用色となるホワイトノーヴァガラスフレークで、内装はブラック&ホワイトグレーと非常に落ち着いた雰囲気ですね。
やはりこれは地域柄によるのかもしれないのですが、兵庫や大阪、東京といった都会向けになってくるとボディカラーは非常に明るい(レッドやブルー、イエロー等)ものの、落ち着いた地域になるとブラックやホワイトといったシンプルなボディカラーをチョイスする傾向にあるのかもしれませんね。

関連記事:レクサス・新型「LS500h」に試乗。スポーツラグジュアリーだからこそ乗って楽しめる一台

最後は「LC500 S package」。
レクサスのフラッグシップスポーツクーペで、ラインナップとしては3.5Lハイブリッド「LC500h」と5.0L NA「LC500」。今回展示しているのはガソリンタイプの「LC500」となります。
展示車両のボディカラーはグラファイトブラックガラスフレークで、内装はダークローズ。
改めて思いますが、やはりレクサスの2ドアクーペのスタイリングは、非常に滑らかでありながら、ポイントポイントで刺々しさがあるところも魅力的ですね。

【関連記事】
ハイブリッドには無い本気の楽しさが味わえる。レクサス「LC500」に試乗する
ハイブリッドとは思えないスーパースポーツ。レクサス「LC500h」に試乗する
レクサス宝塚さんにて、新型モデル「LC」を見てきました。想像以上に美しくカッコ良すぎた件【動画有】
レクサス宝塚さんにて、新型モデル「LC」の画像を大量アップ。とりあえずアルバムとして

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう