フィリピン政府恐るべし…ランボルギーニやポルシェに続き今度はフェラーリ「360スパイダー」を容赦なく破壊【動画有】

スポンサーリンク

~フィリピン政府は相変わらず乱暴すぎる気がするが…~

過去これまで、高額な関税を避けるために密輸を試みたスーパースポーツ(ランボルギーニやポルシェ、メルセデスベンツ等)を、ブルドーザー等で容赦なく踏み潰し破壊してきたフィリピン現大統領であるロドリゴ・ドゥテルテ氏。
今回は一般人がフェラーリのV8オープンモデルである「360スパイダー」を密輸したとして、それが政府によって見事にばれてしまい、マニラにて公開破壊ショーを行っています。

GMAニュースの情報によると、「360スパイダー」をそのまま輸入するととんでもない関税を課されることになるため、ドアやヘッドライト等のパーツを取外し”自動車部品”として密輸しようとしましたが、フィリピン政府はそうした不正を見破りすぐ押収されることになりました。

スポンサーリンク

~フィリピン現大統領はあくまでも”見せしめ”と主張~

フィリピン政府は、過去にもマフィアへの厳しい取り締まりを続ける中、某国の税関から不正輸入される予定であった高級車68台以上(総額にして約5.5億円)を押収し、視察に訪れたロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、開口一番に「公開処刑だ、潰せ!」と大型ショベルカーやブルドーザーにて破壊するショーを開いたことは記憶にも新しいですね。

同氏はこうした過激なパフォーマンスを非常に好むことでも有名ですが、過去68台以上の高級車たちを破壊する際にはわざわざネットニュースを使って全世界へと発信するほどの異常っぷりを発揮していましたね。
同氏はあくまでも「不正を行えば容赦なく破壊することを示した見せしめ」と説明しているとのこと。

本来であれば、フィリピンではこのような不正輸入された車両はすぐさまオークションにかけられる流れが常だったのですが、大統領が変わってからは対応も極端に厳しくなり、今後も不正輸入車両が押収された時点で即刻公開処刑していく姿勢を取ると考えられます。

☆★☆フィリピン政府関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう