マイナーチェンジ版・日産の新型「キックス」の目撃情報多数!かなりスポーティで上質なクーペSUVのスタイリングを見ていこう

2020-05-27

スポンサーリンク

~春頃の発売に向けて続々と新型「キックス」の目撃情報が~

さて、2020年春頃に登場する予定の日産のマイナーチェンジ版・新型コンパクトSUV「キックス(Nissan New Kicks)」ですが、開発車両が日本国内のあらゆるところにて目撃されています。

まずは小田原厚木パーキングエアリア(PA)にて目撃された新型「キックス」の開発車両を見ていきましょう(画像を提供いただけたC様には心より感謝)。
ボディ全体に分厚めのカモフラージュが施され、フロントエンドのデザインが一部明らかになっていますが、かなり大口化されたVモーショングリルが採用されていますね。

フロントヘッドライトはほぼほぼ明らかになっていますが、釣り目のようなスクエア型のフロントヘッドライト用ハウジングが確認でき、ヘッドライトの直下にはLEDウィンカー(LEDデイタイムランニングライトと兼用?)らしき部分が確認できます。

足元のアルミホイールもカモフラージュされていますが、かなり太めの5スポークアルミホイールを装着し、フェンダーの張り出しも中々のもの。
スタイリング的には新型「ジューク(Juke)」に近いコンパクトさと、全高低めのクーペ風SUVにも見えますね。

スポンサーリンク

~サイドのスタイリングは非常にコンパクトでスタイリッシュ~

こちらは神奈川県にて目撃された新型「キックス」の開発車両。
真横から見たスタイリングは初めてですね(画像提供いただけたT様には心より感謝)。
トップルーフはリヤハッチにかけて下っていくような感じではなく、どちらかというとフラットに近い感じでしょうか。
更にシャークフィンアンテナも設けられ全体的にスタイリッシュに仕上げられています。

そしてサイドから見たリヤテールランプが非常にワイドでポルシェ「マカン/カイエン」っぽさもあって非常に高級チック。デザイン性においてはかなり期待が持てそうです。

~リヤデザインもようやく明らかに~

そしてこちらが新型「キックス」のリヤデザイン(画像提供を頂けたK様には心より感謝)。
何とも個性的なリヤテールランプに仕上がっていますが、シームレスタイプではないように見えますね。
リヤロアバンパーがリヤテールゲートよりもかなり張り出しているように見えますが、どれだけの凹凸感があるのかも気になるところ。
マフラーは右下に1本だけ下向き?で出てきています。

最後は「ノート」とのテスト走行を控える新型「キックス」の開発車両(画像提供を頂けたA様には心より感謝)。
こうして見ると、「ノート」とそこまで大差無いサイズ感と言いますか…フロントノーズが少しフラットに近くなっているぐらいで、全高はそこまで変わらない印象を受けますね。

☆★☆「キックス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう