何コレ凄い!中国にてマツダ「CX-4」をマセラティ「レヴァンテ」風にカスタムした「Mazderati(マツデラティ)」が登場。ツッコミどころ満載の外観を早速チェックしていこう

2020-05-27

~そのカスタム内容と完成度は中国らしいかもしれない~

中国にて、マツダの中国専売モデルとなるクーペSUV「CX-4」をベースに、マセラティ「レヴァンテ(Maserati Levvante)」風のカスタムを施した何ともユニークなモデルが目撃されています(MazdaとMaseratiが混ざってMazderatiと言われているらしい…)。

ライトのデザインだけを見れば、ぱっと見でマツダのラインナップモデルであることはわかるのですが、フロントグリルデザインはマセラティ「レヴァンテ」を反映させたものに仕上げられ、更にその周りにあるシグネチャーウィングを縁取るフレームがレッドカラーにペイントされたことで、グリルデザインをよりマセラティっぽく主張しているのがわかりますね(見方によってはBMWのM Sportっぽくも見える?)。

もちろん、フロントグリルだけでなくインテーク周りやフロントバンパーも一新し、更にフロントフォグランプも「レヴァンテ」っぽくヘッドライト直下に搭載。
フロント・リヤホイールアーチはかなり分厚く張り出しているものの、足元のタイヤアルミホイールはかなり内側に入り込んでいるのがわかりますね。


~リヤデザインもかなり気合が入ったカスタムになっている~

こちらはリヤデザイン。
何か物凄いゴリゴリ感…リヤウィンドウからリヤディフューザー、カーボンファイバ調のリヤロアバンパー、両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストパイプがインストールされ、いかにもゴリゴリなスポーツモデルであることを強く主張していますね。

ちなみにリヤテールゲートには、マツダのエンブレムではなく、「Mazda Speed」のバッジが貼付されていますが、その字体はまさにマセラティ風。
この個体を所有するオーナーは、相当なマツダとマセラティ好きなのではないかと思いますが、そのカスタム費用も相当にかかっているのではないかと思いますね。

~マツダベースのマセラティ風カスタムモデルといえば?~

富山県の過激チューナー・クライメイト(CRIMATE)が、マツダのミドルサイズSUV・新型「CX-5」をベースにした最新ワイドボディキット”Balena(勇壮美麗)”を世界初公開しました。
このボディキットは、「CX-5」のアグレッシブなフロントフェイスを上手く活用しつつも、”ヒゲ”風な意匠を採用しているとのことで、特にそのフロントフェイスはマセラティのミドルサイズSUV「レヴァンテ(Maserati Levante)」にも似た、欧州チックな外観に仕上げられています。

実車と見比べてみても確かに「レヴァンテ」の特徴を掴んでいる

ちなみに「レヴァンテ」のフロントフェイスはこんな感じ。
どことなく「CX-5」のフロントフェイスが「レヴァンテ」に似ている?とは思っていたのですが、こうして専用ワイドボディキットを装着した形でカスタムして見ると、確かに「レヴァンテ」っぽい雰囲気を醸し出していますし、マセラティの特徴的なヴァーティカルスリットの入ったフロントグリルも上手く採用されているのがわかりますね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤロアバンパーやフロント・リヤフェンダーはかなりアグレッシブに進化し、更に足回りも専用車高調をインストールすることでゴリゴリにローダウン。
スタイリングとしてはミドルサイズSUVなのですが、かなり良いところまで落とし込んだシャコタン仕様に様変わり。

改めてフロントデザインに戻ってみると、フロントスポイラーはハーフタイプで複雑な構造に。
足もとのアルミホイールもかなり複雑な大口径タイプの2ピース構造?でしょうか。HREホイールが開発した3Dプリンタ式アルミホイールのデザインにも似ていて非常に先進的。

リヤスポイラーはこんな感じ。
ブラックの部分は基本的にFRP製となるため、オプションにてドライカーボンやウェットカーボンを設定することは不可能のようです。

こちらはステンレス製マフラーカッターで左右2本出しに。
ワイド&ローが際立つアグレッシブなカスタム内容となっています。

☆★☆マツダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう