スバルの現代版インプレッサ22B-STIが登場したら?というレンダリングが公開。更にトヨタ「セリカWRC」をモチーフにした新型「GRスープラ」のラリー仕様も

2020-05-27

~いずれはこうした超過激なモデルを日本市場にて販売してほしい~

今もなお中古車市場では1,000万超えの個体が存在するスバル「インプレッサ22B-STi(Subaru Impreza 22B-STi)」。
このモデルを現行「WRX STI」版として蘇らせたら?という謎のレンダリングが公開されています。

今回このレンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのchoppingu_pixels氏で、過激なワイドボディキットに加えて、ヘッドライトやフロントフォグランプにはイエローのアクセントが加味され、カーボンファイバ製のフロントスプリッターやサイドスカート、リヤディフューザー、そして巨大な固定式リヤウィングを装着したハードコアな外観に仕上げられています。

更にフロントフードには巨大スクープが設けられ、足元にはスーパーカー/ハイパーカーにも採用される大口径カーボンホイール、そしてブレンボ製の超強力なブレーキシステムをインストールしているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~4ドアセダンも全然悪くないぞ~

先ほどは2ドアクーペでしたが、こちらは4ドアセダンタイプ。
何れもサイドバイザーを装着するという意外性はさておいて、パワートレインは排気量2.0L 水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力340hpを発揮するとのことで(あくまでもレンダリング上での話)、駆動方式はもちろん四輪駆動(AWD)を搭載します。

~あのラリー仕様の「セリカGT-FOUR」を「GRスープラ」版にするとは…~

続いては何とも過激なトヨタ新型「GRスープラ(Toyota GR Supra)」をラリー仕様にしたら?というレンダリング。
デザインを見てもお分かりの通り、カストロールトヨタの「WRCセリカGT-FOUR(WRC Celica GT-FOUR)」仕様をモチーフにした何ともクールな一台で、恐らく「GRスープラ」もフルタイムAWD仕様を想定してデザインされたものではないかと思われます(それにしてもフロント・リヤフェンダーの張り出しがとんでもないことに…)。

今回このレンダリングを作成したグラフィックデザイナーのYoga Budi Widiantoro氏によれば、「いずれToyota Gazoo Racing部門が発表してもおかしくないであろう現実的なデザインに仕上げている」と説明。

レンダリングの通り、高めの地上高やレッドアクセントのマッドフラップ、ダイビングプレーン、ボルトオンされたサポートライト、そしてルーフに搭載された巨大なライトバーなど、今すぐにでも登場してもおかしくない程の完成度の高さだと思います。

足元には、OZレーシングの軽量アルミホイールや、ミシュラン製オフロードタイヤが装着され、その他にもミニマム仕様のドアマウントサイドミラーや固定式リヤウィング、冷却ダクトも設けられ、かなり高いパフォーマンスを提供してくれそうですね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution①autoevolution②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう