トヨタ新型「アルファード」ベースのレクサス「LM300h」が続々と納車。何と車両本体価格に早期納車プレミアム代金を加味すると総額4,000万円に【動画有】

2020-05-27

~レクサス「LM」は価格帯以上に得られるステータスやプレミアムがあるのかもしれない~

既に台湾や中国、タイ市場では発売スタートしているレクサスのフラッグシップミニバンモデル新型「LM300h」。
トヨタ新型「アルファード(Toyota New Alphard)」をベースにしたプレミアムショーファーカーとなりますが、上の画像にもある通り、レクサスバンコクの公式サイトでも顧客への納車を報告。

中国市場でも少しずつ納車がスタートしているそうですが、いつもお世話になっている知人からの情報によると、レクサス上海では「LM300h」の車両本体価格が約2,100万円(140万元)であるのに対し、ここに早期納車プレミアム代金として+1,400万円(95万元)が加味され、オプションや諸費用を足し合わせると総額4,000万円にも到達するそうです。


~中国の富裕層は早期納車できるのであればいくらでも対価を支払う?~

中東や北米も同様ですが、中国市場においても人気車種に関してはどうしても納期を早めてほしいという要望に応えるため、追加料金を支払うシステムが当たり前のように行われているようですが、冷静に考えてレクサスのミニバンに約4,000万円というのはかなりやり過ぎな気はしますね。

日本市場にて販売されているロールスロイス「カリナン」でも約3,900万円からですし、更に言ってしまえばトヨタ「アルファード・ロイヤルラウンジ」でも約1,500万円からですからね…これの2倍以上の価値を持つことになりますが、それでも何が何でも早く納車を求めるユーザーがいらっしゃるのでしょうね。

~日本市場にも2023年以降にマイナーチェンジ版として登場するとの噂も~

ちなみに自動車情報誌マガジンXさんの情報によると、マイナーチェンジされるであろう3年後以降の2023年6月頃に日本市場にて導入される予定とのこと。
日本市場にてショーファーカーとして新たに導入された新型「グランエース」の販売に注力した後、日本市場に合わせたボディサイズの拡大やデザイン性の向上(現行LMは中国市場向けにデザインを調整している可能性が高い)、更には装備内容の充実化が図られると思われます。

気になるパワートレインについては、現行「LM」にてラインアップされる排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせハイブリッドシステムではなく、排気量2.4L 直列4気筒エンジンと過給機とシングルモーターを組み合わせた新開発マイルドハイブリッドシステムが導入されるとのこと。

デュアルモーター式のハイブリッドシステムを導入するとなると、車体重量が更に重くなってしまうことや、構造が複雑な上にコストが大幅にかかってしまうといった問題が重なるため、日本市場向けには台湾市場や中国市場よりも更にコストダウンを図る一台になるのではないか?との見方もあるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🙏 เล็กซ์ซัส กรุงเทพ ขอขอบพระคุณ 🙏 . Mr. Zhao Ming ที่เลือก #AllNewLexusLM #LexusLM #LM300h รุ่น Exclusive 4 ที่นั่ง แถมยังมารับรถด้วยตัวเองจากพัทยากันเลยทีเดียว 😉 . #รถลูกค้า #รถลูกค้าLexusBangkok . 📌 ติดต่อเล็กซ์ซัส กรุงเทพ พระราม 9 LINE: https://bit.ly/lexusbangkokline หรือพิมพ์ว่า “@LEXUSBANGKOK” . โทร. 02-716-8999 . #Lexus #LexusBangkok #ExperienceAmazing

Lexus Authorized Dealer(@lexusbangkok)がシェアした投稿 –

☆★☆レクサス「LM」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう