carwowでお馴染みのマット・ワトソン氏がスズキ新型ジムニーを検討中。「誰か200馬力までパワーアップするおススメのスーチャーキットを教えてくれ!」【動画有】

2020-05-27

あのマット・ワトソン氏がスズキ新型ジムニーに本気で惚れ込んでいるようだ

ユニークな表現や超辛口評価で視聴者を楽しませてくれる海外の自動車ジャーナリストでお馴染みcarwowのマット・ワトソン氏が、どうやらスズキ新型ジムニー(日本名:ジムニー・シエラ)を検討しているとのこと。

自身のYoutubeチャンネルMat Watson Carsにて公開した今回の動画ですが、2019年末に公道やオフロードでの試乗で得られた感動が忘れられず、普通にプライベートでも所有したいと心から思えたそうで、早速carwowの撮影車両をベースにしながら新型ジムニーの魅力を紹介していきます。


新型ジムニーのパワーを2倍にするスーパーチャージャーキットも探している

海外市場にて販売されている新型ジムニーは、日本市場のように軽自動車規格のエンジンを搭載していないため、乗用車タイプ同様の排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力100hp/6,000rpm、最大トルク130Nm/4,000rpmを発揮するのですが、マット・ワトソン氏曰く、「オフロード走行では確かに十分なパフォーマンスを発揮してくれるが、公道ではもう少しパワーが欲しいんだ。だからそういった不満を解消するためにも、パワーを2倍にするようなミニオフローダー用のスーパーチャージャーキットも検討しているんだ!」と説明。

現時点では、「具体的にこういったスーパーチャージャーキットを購入したい!」というものは無いそうですが、おそらくは既に新型ジムニーを所有していて、最高出力200hpぐらいまでチューニングを施しているであろうユーザーの意見を取り入れる目的で呼び掛けていると思うのですが、マット・ワトソン氏がこういった案を動画にて求めるのはちょっと珍しく、それだけ新型ジムニーを購入することを真剣に検討し、慎重にカスタムしていきたいという想いがあるのかもしれません。

なおその他にも、更なるオフロード走行でのパフォーマンスを高めるために、油圧ロック式リヤディファレンシャルを装着することでトラクションを向上させることも検討しているそうで、見えないところでの細かなカスタムを施すことが予想されますね。

あわよくばリフトアップに加えてオフロード専用のアルミホイール・タイヤも装着する?といったことも考えられそうですが、これについてはまだまだ先の話になりそうです。

【’MY’ Suzuki Jimny review and how I’m giving it 200hp!】

☆★☆ジムニー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう