中国市場向けのフルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4(飞度)デビュー!何とメッシュグリル採用でスポーツ志向に、そしてサイドブレーキは手引き式に

あのマイルドフェイスの新型フィット4がメッシュ仕様になるとは…

2020年6月10日、中国市場向けとなるホンダのフルモデルチェンジ版・新型フィット4(Honda New FIT4/飞度4)がデビューしていたことが明らかとなりました。

今回発表された個体は、日本市場向けのモデルとは異なり、従来グレードのスポーツ(SPORT)はグリルレスバンパーではなくスポーツ志向のメッシュグリルを採用し、更にSUVテイストのクロスター(CROSSTAR)もラインナップされることに。

上の画像でも確認できますが、SPORT(Tide Run Pro)グレードは、フロントエンドのグリルレスバンパーからハニカム形状のメッシュグリルを採用し、更にフロントロアバンパーやインテーク周りを見ていくと、ブラックのL字型フレームを採用することでカスタムチックな外観に仕上げられていますね。

日本市場向けの新型フィット4との比較や、気になるインテリアデザインは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう