遂に来た!マイナーチェンジ版・日産の新型キックスの実車インプレッション動画が公開に!気になる後席の広さは?気になっていたアノ部分は?【動画有】

新型キックスのインテリアをインプレッションしていこう

①:運転席周りはどうなっている?

まずは運転席側の内ドア部分を見ていきましょう。

タンオレンジの肘置き部分のみ合成皮革(ソフト素材)となり、それ以外のブラックとなる部分はハードプラスチックが使用されていますね。

シルバー部分のところはアルミ調だと思われ、さりげないアクセントでちょっとした高級感を演出しています。

そしてこちらはフラットボトムタイプのステアリングホイール(パドルシフトは無し)。

多機能スイッチが多数盛り込まれていますが、一番右側にはしっかりとプロパイロット(ProPilot)システムが標準装備されています。

そしてステアリングホイールは、マニュアル調整ながらも前後上下のスライド調整が可能なチルト&テレスコピックも装備されています。

インフォテイメントシステムを見ていくと、左側には速度系以外となる液晶パネルが設けられ、右側には最大180km/h表示までとなるアナログ速度メーターが装備されていますね。

このあたりのメーター類のレイアウトは、新型キックスのe-POWERモデルでは標準装備となるものの、2021年以降に登場予定となっているガソリンモデルや四輪駆動(AWD)ではレイアウトが変更される可能性があるかもしれません。

運転席の右下部分には、滑り防止機能やステアリングヒーター、衝突安全ブレーキの専用スイッチが装備。

ちなみに上位グレードのX”ツートンインテリアエディション”では、前席シートヒーターやステアリングヒーター、そして寒冷地仕様が全て標準装備されていて、下位グレードのXでは、Aセットという形でメーカーオプション扱い(+55,000円)となっています。


②:ディスプレイオーディオ/シフト周りはどうなっている?

そしてこちらが噂の9インチナビゲーションディスプレイ。

9インチディスプレイはディーラーオプション扱いとなっていて、ETC2.0やフロントドライブレコーダーのセットとなると約31万円ほどに跳ね上がるため、総支払額も一気に高くなります。

こちらはエアコンのインパネやセンターシフトノブ周り。

エアコンは物理スイッチやダイヤルスイッチを採用することで、運転中でも直感的な操作が可能になり使い勝手は良さそう。

センターシフトに関しては、ノート(Note)/セレナ(Serena)と同じシンプルなジョイスティックタイプを採用しています。

そしてその手前には電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能が標準装備され、その隣には縦2列のドリンクホルダーが設けられています。

③:助手席周りはどうなっている?

そしてこちらは助手席側に設けられたグローブボックス。

動画の通り、車検証などで十分スペースをとってしまいそうですが、簡易的な書類なども追加にてまとめられそうですね。

ちなみにシートは本革ではなく合成皮革シートを標準装備。

X”ツートンインテリアエディション”だとタンオレンジとブラックの2トーンとなりますが、Xグレードだとブラックのみとなります。

④:天井周りはどうなっている?

そしてこちらはルームライト周り。

例のSOSコールも搭載され、事故だけでなく煽り運転を受けた際にはこのスイッチ一つでサポートデスクへとつながり、諸々の対応を行ってくれるそうです。

サンバイザー裏のバニティミラーには、しっかりとランプが設けられていますね。

この点は女性にとってはありがたいのではないかと思います。

そしてこちらはメーカーオプションとなるインテリジェントルームミラー。

インテリジェントアラウンドビューモニターとセットのオプションとなり、オプション費用としては69,300円となっています。


⑤:後席周りはどうなっている?

続いては後席を見ていきましょう。

ココからのインプレッションは結構貴重ですね。

ちなみに内ドア部分は、フロント同様にタンオレンジの部分がソフト素材となり、それ以外はハードプラスチック仕様となります。

実際に後席に座って見ると、身長170センチの方でも(ドライビングポジションを合わせた状態で)コブシ2個半分ぐらいの余裕があるとのこと。

180センチぐらいともなると、コブシ1個~1個半ぐらいの余裕がある感じでしょうか?

あとは天井の高さは窮屈なのかどうか?も気になるところですね。

こちらは後席用のシートベルト警告。

こういった機能も標準装備されているのは嬉しいポイントですね。

あとはUSBポートが一口のみとなっていますが、ディーラーオプションにて二口にすることも可能だそうです。

⑥:ラゲッジルーム周りはどうなっている?

こちらはラゲッジルーム(荷室、トランク)。

「結構狭いのかな?」と思ったりもしましたが、意外にも奥行きがあって広いですね。

後席を前に倒せば普通に車中泊とかできそうな気がします。

【新型キックス見てきました!<詳報>】

☆★☆新型キックス関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう