【価格は480万円から】ビッグマイナーチェンジ版レクサス新型ISの簡易カタログを入手!更に特別仕様車Mode Blackの画像や価格帯も【動画有】

2020-08-02

遂にビッグマイナーチェンジ版・新型ISの簡易カタログを入手!

いよいよ2020年11月5日より発表・発売スタートとなるレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS(Lexus New IS)ですが、7月31日より簡易カタログが配布されることで、早速いつもお世話になっているレクサスディーラーにて入手しましたので、その中身をどこよりも早く公開していきたいと思います。

また、グレード別価格帯と特別仕様車”Mode Black”の価格帯も明らかになりましたので、こちらも併せてみていきたいと思います。

▽▼▽新型ISの見積もりと購入記事はコチラ!▽▼▽


①:エクステリアデザイン

早速簡易カタログの中身をチェックしていきましょう。

新型ISのフロントマスクはこんな感じ。

スピンドルグリルはこれまで通り採用されますが、F SPORTであっても非F SPORTであってもメッシュグリルで統一に。

更にフロントLEDヘッドライトは三眼タイプがメーカーオプション(+7.7万円ほど)となるものの、最上位グレードのversion Lに関しては標準装備、それ以外のベースグレードやF SPORTでは単眼LEDヘッドライトが標準装備となります。

こちらはリヤデザイン。

ムーンルーフはこれまで通りメーカーオプション扱いで、IS350”F SPORT”とIS300h(FR)、IS300のみ設定可能となります。

リヤテールランプは、以前同様に一文字タイプのセンター直結型を採用。

ラゲージルームは、ガソリンタイプが9インチサイズのゴルフバッグを3個、ハイブリッドタイプが2個積めることが可能だそうです。

②:インテリアデザイン

そしてここからがインテリアデザイン。

残念ながらそこまで大幅なレイアウト変更は無いものの、細かいポイントで見ていくとチラホラと変更があるようです。

まずは10.3インチのリモートワイドディスプレイですが、ビッグマイナーチェンジ前よりも手前に移動しているため、リモート操作だけでなく直接タッチでの操作も可能となります。

こちらは内ドアトリムのオーナメント表皮。

一部にエンボス加工を施すことで、まるでカラードステッチを縫合したかのように見せているのも流石のポイントだと思います。

そしてようやく新型ISでも採用される電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド。

これまでは足踏み式でしたが、今回のビッグマイナーチェンジにてようやく大幅な商品力アップにつなげています。

あとアッシュと呼ばれる墨ブラックの本革ステアリングを採用しています(パドルシフト付)。

エアコンの吹き出し口も、メルセデスベンツのように丸形を採用することで、グローバルな印象を与えていますね。

パワートレインやグレード構成、エンジン、F SPORT、予防安全装備Lexus Safety Sense+は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう