日本メーカ >日産/インフィニティ

これも注目だ。限定500台のみ、完全未走行の新車となる日産「スカイラインGT-R R34」がオークションにて出品

先日、世界に名を轟かせた"スモーキー永田"こと永田和彦氏が所有していたトヨタのV12エンジン搭載となる「スープラ」が、来年1月より開催予定の東京オートサロン2018のオークションにて出品される記事を紹介しましたが、同オークションにて、超希少ともいえる"僅か10kmしか走行していない"日産「スカイラインR34 GT-R VSpecニュル」が出品されることがわかりました。

関連記事:これは注目。世界一のスピード違反を記録したスモーキー永田氏所有のトヨタ「スープラ」がオークションに登場【動画有】

スポンサーリンク

今回オークションにて出品される個体は、2002年に製造された第二世代最後のスカイラインGT-Rで、RB26DETTのエンジンを搭載し、最高出力280ps、最大トルク392Nmを発揮。
BNR34型は、KPGC110型同様に排出ガス規制の影響によって平成12年の排出ガス規制により2002年に生産終了してしまった希少モデルとなるわけですが、今回出品される個体は、生産が終了する直前の2月に生産された最終記念モデル「VSpecニュル」であるとして、限定500台のみ生産された超希少モデルとなります(「Mスペック ニュル」も限定500台販売されましたが、いずれも予約日に即日完売)。

外観(リヤ)としては、可変2段式リヤウィングスポイラーのアドバンスドエアロシステムを採用。
リヤディフューザーは車体下部前後を覆っていて、走行風を取り込んで圧縮・整流させることでボディ下面を通り、リヤで拡散せることでダウンフォースを発生させる仕組みに。

タイヤ、ホイールサイズは18インチで、タイヤサイズは245/40Z18、ホイールは19×9jのBBS製鍛造アルミホイールを採用。
ブレーキは超強力なブレンボ製を標準装備とし、ブレーキキャリパカバーはブロンズカラーとなっています。

この個体は、通常グレードの「BNR34」に比べて、エンジンやウォーターポンプ、エキマニ等が全てN1仕様となっていて、ヘッドを従来のレッドカラーからゴールドに変更し、N1エンジンにはバランス取りを行っている他、タービンもN1仕様のメタル製タービンを使用しています(これはかなり貴重)。

また、速度メータはまさかの300km/hにまでスケールアップし、コーションプレードもゴールドカラーに変更。
走行距離は「10km」と表示されていますが、これは納車した当時の走行距離のままのため完全未走行とのこと。そのため、今回のオークションでは相当な高値が付くのではないかと思いますね。

ステッカー式であったグレードネームもクローム仕上げの立体エンブレム式となり、高級感を演出。

内装は非常にシンプルなオールブラック仕様となっています。

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-日本メーカ, >日産/インフィニティ
-, , , ,