シボレー「コルベットC8」のCADが度重なるリーク。V8ツインターボエンジン搭載で「フォードGT」並みのスーパーカーに

先日、シボレーの新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8」に関するエンジンや足回りの詳細なCAD画像が、コルベット・フォーラム経由にて流出しましたが、これについてアメリカの自動車メーカであるGM(ゼネラル・モータース)がデジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)違反に値するとして、ソーシャルメディアネットワークに画像の削除要請を依頼したことから、本物「コルベットC8」の社外秘となる重要素材であることが判明に。
また今回新たに、中型エンジンを搭載する「コルベットC8」のエンジンの詳細がわかるCAD画像がリークしているわけですが、この画像からLT7型のV8ツインターボエンジンをラインナップすることが明らかとなりました。

【関連記事】
シボレー・ミドシップモデル「コルベットC8」のエンジンと足回りのCADデータがリーク。エンジンはLT1?
シボレーの新型「コルベットC8」のCAD画像が追加リーク。リヤデザイン・エンジンにはLT7がラインナップか

スポンサーリンク

今回明らかとなっている画像は、Twitterより投稿されたものがベースとなっており、2台の大型ターボチャージャーとデュアルオーバーヘッドカムをはっきり映し出していることからツインターボエンジンであることがわかり、更にはLT7型と呼ばれるエンジンであることも明確に。
以前の、コルベット・フォームのレポートによると、最低でも2種類のパワートレインがラインナップされるといわれていましたが、その内の一つに今回リークしたLT7型と、更にはベースモデルとなるであろうLT1型(コルベットC7に搭載)、これに加えてLT7型と同じV8ツインターボのLT5型も準備される可能性があると言われています。

何かと噂となっているLT7型のパワートレインですが、最新情報では排気量は不明ながらも、最高出力700hp以上を発揮することが可能で、これは最新モデルとなる「フォードGT」よりもパワフルな個体になるとの情報も。
プラットフォームについては、これまでの「コルベットC7/ZR1」とは異なる全く新しいベースを設計しているとのことで、更には数多くの複合材料が使用されることに。
ルーフについては、クーペタイプやタルガタイプ、そしてフルガラスといったオプションルーフも準備される模様。

なお、この「コルベットC8」は2019年1月に生産が開始されるとのことですが、その一方で前モデルとなる「コルベットC7」は2021年まで生産を継続する可能性があるとのことです。


【関連記事】
またまたシボレー「コルベットC8」の予想レンダリングが登場。C7ベースのミドシップ風になっただけ?
シボレーのミドシップスポーツ「コルベットC8」にはV8エンジンが3種類登場する模様
シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」の予想イメージとバンパーが公開に
シボレーの新型「コルベットC8」の予想レンダリングが公開に。若干フェラーリに見える件
シボレーのミドシップモデル「コルベットC8」が遂に捕捉。ホイールは量産仕様か
シボレー「コルベットC8」は2018年秋頃に発売予定。V8のブロックエンジンを搭載し、価格は約1,000万円程と予想
2019年式・ミドシップのシボレー「コルベットC8」にはエンジンが3種類ラインナップ。その中にHVモデルも
シボレーのミドシップエンジンモデル「コルベットC8」のレンダリング画像が公開に。まるで「488GTB」のようなデザイン?

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう