レクサスの新型SUV「LF-1コンセプト」最後のティーザー映像が公開【動画有】

いよいよ本日より開催のアメリカ・デトロイトモーターショー2018にて、レクサスのプレミアムフラッグシップクロスオーバー「LF-1 Limitlessコンセプト」の最後のティーザー映像が公開されました。
今回公開されているティーザー映像は、「LF-1」のフロントヘッドライト周りの一部と思われますが、映像の右端に見えるものがフロントのスピンドルグリルかと思われます。

スポンサーリンク

ちなみに、前回公開されているティーザー画像からは革新的でシーケンシャルに点灯していくフロントヘッドライトを確認することができ、更には現行「LS」よりも更に複雑化したスピンドルのメッシュグリル、スプリット5スポークホイール、最先端技術を駆使ししたセンターコンソールコントロール・リモートスイッチ等、いくつかのディテールポイントを確認することができます。

現時点ではまだまだ詳細が明らかとなっていない「LF-1」ですが、この個体が現レクサスのフラッグシップSUV「LX」以上の個体であることは間違いなく、一体どのようなスタイリングとラグジュアリー&スポーティで、どれだけのパワーを持つ一台となるのか非常に気になるところではありますね。

【Teaser3 LF1 Sequence FINAL1】

Reference:CARSCOOPS

これが、「LF-1コンセプト」のフロントデザインだ!
関連記事:レクサス「LF-1コンセプト」は1月15日で決定。「LX以上」のフラッグシップSUVが登場?(2017/12/20投稿)


先日、レクサスが新たなフラッグシップSUVモデル「LF-1 Limitlessコンセプト」のティーザー画像を公開しましたが、今回新たなティーザー画像(フロントエンドのライトデザイン)を公開。
「LF-1 Limitlessコンセプト」は、来年1月より開催のデトロイトモーターショー2018にて発表予定となっています。

関連記事:「LX」以上?デトロイトモーターショーにて、レクサスのフラッグシップSUV「LF-1コンセプト」が登場予定

以前のティーザー画像では、リヤテールからトランクの中央にかけて流れていく一本線のライトが印象的で、近年の欧州車に見られる(アストンマーティン・新型「ヴァンテージ」やブガッティ「シロン」)デザイントレンドを取り入れていましたが、今回は部分的に点灯したフロントエンドライトが公開されており、デイタイムランニングLEDライトやハザードのデザインを確認することができます。

特にデイタイムランニングLEDライトは、アローヘッドタイプ(L字型)のシームレスライトがダイナミックになり、「LX/NX/IS」よりも大型且つ派手な形状を採用。
フロントフォグ辺りに橙色にて点灯しているハザード(ウィンカー)は、トヨタ「MIRAI」のような逆L字型のシームレスタイプとなっていて、全体的にボリューム感を持たせたかのようなデザインとなっていますね。

なお、今回の「LF-1 Limitlessコンセプト」は、南カリフォルニアのカルティデザインスタジオにて設計されたもので、レクサスの現在のデザイン言語の次なるステップへと進出することが期待された一台。同社はこれについて「制限のないクロスオーバー」と表現しており、つまりは現行のレクサスSUVラインナップにある「LX/GX(海外仕様)/RX/NX」の中でも”LX”の次なるジャンルを切り開くための新たなコンセプトモデルとなることが予想されています。
ちなみに、この個体の発表日程は1月15日(現地時間AM8:35)で、オンライン動画にてストリーミング配信されることとなります。

【関連記事】
レクサスのコンパクトSUV「UX」がLAオートショーにて登場。アメリカでも販売を希望するユーザーが殺到している模様
レクサス「UX」量産モデルが東京モーターショー2017にて正式発表へ。仕様も明らかに
レクサスのコンパクトSUV「UX」の市販化が決定。若い世代をターゲット
これ、本当?レクサス「UX」の市販モデルのフェイス画像がリーク
何とも複雑なデザイン。パリモーターショー2016にてレクサス「UXコンセプト」が公開【動画有】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう