「マクラーレン・セナ」の詳細スペックが明らかに。そして「P1 GTR」よりも速く走れることも判明【動画有】

マクラーレンのアルティメットモデル「P1」の後継として、世界限定500台のみ販売された「マクラーレン・セナ」。
車名についている”セナ”とは、今は亡きF1ドライバであるアイルトン・セナの名を冠したスーパースポーツモデルとなりますが、この個体は先代モデルとなる「P1/P1 GTR」よりも優れた性能を持ち、更に速く走れる可能性が高いと言われています。
そして、来月より開催予定となっている、スイス・ジュネーブモーターショー2018での世界デビューに先駆けて、同車の詳細スペックが明らかとなりました。

「マクラーレン・セナ」のスペックとしては、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載するノンハイブリッドタイプで、最高出力800ps、最大トルク800Nmを発揮(内燃機関だけであれば、マクラーレンのラインナップパ史上最強のパワーを発揮)。
トランスミッションは7速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションをリヤアスクルに介するため、駆動方式は後輪駆動(MR)となります。
そして、空力特性としては、250km/hの速度にて走行時に最大800kgのダウンフォースを発生することが可能となっています。

スポンサーリンク

車体重量としては、1,198kgを実現しており、これはマクラーレンの3座シートモデル「F1」の1,140kgに次いで2番目に軽いモデルとなります。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は2.8秒、0-200km/hが6.8秒、ゼロヨンの加速時間は9.9秒、そして最高時速は340km/hに到達するなど、世界トップクラスの加速性能を誇ります。

デザインディレクターのロブ・メルヴィル氏によると、「マクラーレン・セナ」の設計言語は、これまでのデザインよりもアグレッシブで、道路交通法ギリギリに準じた、マクラーレンの一切妥協の無いスパルタンさとデザインを実現。
例えば、リヤエキゾーストパイプの配置については、スーパーシリーズ「720S/675LT/650S」よりも更に18センチ低く、恐らくロードカーの中でも最も低いリヤデッキとなります。

リヤウィングについては、油圧可変式となっていますが、このウィングは全てカーボンファイバ製のため、僅か4.87kgと非常に軽量でありながらも、自重の100倍以上のダウンフォースを発生することが可能となっています。

その他には、RaceActiveシャシーコントロールⅡ(RCCⅡ)システム、エアロブレード、そして特注のピレリPゼロ・トロフェオRタイヤを装着。更には、数か月の製造期間の掛かる各CCM-Rカーボンセラミックブレーキディスクの装着により強力なブレーキング性能を確保し、「F1」からのインスピレーションを受けたフロントキャリパーを装着しています。

インテリアについては、ダッシュボードやドア、モノケージⅢに容赦なくカーボンファイバパーツとアルカンターラを採用。
それ以外のパーツについては、最大限の軽量化を図るために、むき出しとなっている部分が多くなっています(そういったこともあり、「マクラーレン・セナ」のインテリアは先進的というよりも原始的)。
ユーザーからの要求に応じて、カーボンファイバシート用のハイグレードレザー仕様とツーリング仕様の選択が可能。
それ以外には、パーキングセンサーとリヤビューカメラ、超軽量7スピーカーBowers&Wilkinsオーディオシステムの搭載により、僅か7.32kgを増加させることとなります。

【McLaren Senna preview – under the skin of the 789bhp track car | evo UNWRAPPED】

【McLaren Senna: Savage Looks, Savage Speed – Carfection】

【関連記事】
「マクラーレン・セナ」が南アフリカにてテスト走行。日本での割当て裏事情を一部公開(2018/2/4投稿)
「マクラーレン・セナ」が早くも公道にて登場。リヤウィング・ナンバープレートの配置が斬新過ぎた件(2018/1/7投稿)
「マクラーレン・セナ」に社外ホイールを履かせてみたら?マルチスポークも中々に似合う件(2017/12/18投稿)
マクラーレン「P1」の後継モデル「マクラーレン・セナ」最後の1台がオークションへ→3.2億円にて落札【動画有】(2017/12/11投稿)
マクラーレンの最新モデル「マクラーレン・セナ」が遂に世界初公開。世界限定500台、800馬力を発揮(2017/12/10投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう