その他 スーパーカーメーカ >ハプニング関連 >マクラーレン

エジプトにてマクラーレン「720S」がパンク→スペアタイヤ履かせるため整備士が登場するも興奮→同じオレンジの作業着で記念撮影

エジプトの首都カイロにて、マクラーレンのスーパーシリーズ「720S」がパンク(全く舗装されていない道路が多く、砂利道でタイヤがパンク)するというアクシデントに見舞われるも、積載していたスペアタイヤを履かせるという中々見れない光景。
そもそも、スーパーカーをジャッキアップするところを全く見たことが無いのが正直なところですが、まさかエジプトの設備が整っていない屋外でタイヤ交換を行うとは全く考えてもみませんでしたね。

しかも、上の画像にもある通り、「720S」の右フロントを持ち上げるのはタイヤ交換依頼を引き受けたベテラン整備士なのかもしれませんが、手袋無し・サンダルというラフな格好で作業するのは非常に危険。
もう一方の若手整備士は、初めてのスーパーカーに興奮してしまったのか、整備するよりも同車と同じカラーのつなぎに着替え、記念撮影を優先するというダメダメっぷり。
結果的に以下の画像の通り、オーナー自身がタイヤ交換しているように見えますね。

スポンサーリンク

ちなみに、エジプトではマクラーレン・ディーラは存在しないとのことで、代理店を通しての販売が主。しかも「720S」が納車されているのはまだこの1台のみとのことで、かなり希少ともいえるショットだと思います。

Reference:autoevolution

スペアタイヤを装着したアウディ
関連記事①:ちょっと珍しいアウディ「RSシリーズ」達。スペアタイヤ装着、オレンジのボディカラー?(2018/2/7投稿)

ポーランド・ヴロツワフにて、サノマグリーンのボディカラーに身を纏ったアウディのハイパフォーマンスモデル「RS4アヴァント(B9)」が目撃に。
「RS4アヴァント」は、アウディ90クワトロIMSA GTOからインスピレーションを受けたモデルで、ハニカムデザインの大型エアインテークが採用されたフロンドエンドマスクはスポーティさを強調。
そして、近年のスポーツモデルにて見られるワイド&ローのスタイリングを実現すべく30mmもフェンダーをワイド化。

リヤデザインにおいては、リヤディフューザーやルーフスポイラー等が洗練され、引き締まったボディラインが際立ちます。
スポーティさだけでなく、ダイナミックさとエレガンスさを持ったアウディのハイパフォーマンスモデルは正しく良いとこ取りの一台といったところでしょうか。

パワートレインとしては、第二世代に渡って採用されてきた排気量4.2L V型8気筒自然吸気エンジンから、大胆にもダウンサイジングターボ化によって排気量2.9L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps、最大トルク600Nmを発揮します(ちなみに初期モデルは排気量2.7L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載していたので、今回のモデルはある意味リスタートモデルとなります)。

さて、そんなハイパフォーマンスモデルの「RS4アヴァント」ですが、角度によってはちょっと様子がおかしいようにも見えますね。

恐らく、オプションの20インチホイールを装着していると思いますが、なぜか左フロントだけスペアタイヤという不思議な光景。
単純にタイヤがパンクしてしまったのか、タイヤ・ホイールが盗まれてしまったのかは不明ですが、やはりスペア1つに履き替えるだけでも印象はガラッと変化してしまいますね(サイズ的には16インチ程?)

こちらは、オランダ・レーワルデンにて目撃されているオレンジカラーのアウディ「RS5(B9)」。
2017年モデルという最新版の「RS5」となりますが、恐らく特別オーダーオプションだとは思いますが、こうした特別なオレンジカラーも存在するものなんですね。

足元はブラックのマルチスポークホイールを装着し、ブレーキキャリパカバーもブラックとかなりスポーティ。
丁度フロントノーズの中間にホイールが装着されているというのも美しいところ。

一見してまるでアウディとは思えないほどのやんちゃっぷりですが、意外にも上品でスタイリッシュさを忘れないアウディの魅力が詰まった一台のように感じられます。

かなりヤバいトヨタ「カローラ」
関連記事②:さすがにヤバイだろ。パキスタンにてボロボロのトヨタ「カローラ」が公道を走行【動画有】(2017/7/11投稿)

20161127_1_%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9

トヨタ自動車のグローバルカー、『カローラ』。同車の優れた耐久性を示した映像が、ネット上で話題になっています。
この映像は、パキスタンで撮影されたもので、道路を走行する1台のカローラ。
大きな事故に遭ったのか、車体は原形をとどめていない状態です。
とくに車体側面のダメージがひどく、立ち木か電柱に激突したものと見られますね。

また、このカローラ、後輪はパンクしているのですが、そんなことはお構いなしとばかりに、堂々と公道を走っていますが、さすがに周りの車たちにとっては良い迷惑ですね。

【Unbelieavable! Only in Pakistan】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-その他, スーパーカーメーカ, >ハプニング関連, >マクラーレン
-, ,