人気ユーチューバー・セイキン(Seikin)氏がレクサス「LS500h」納車。オプション含め約1,500万超え【動画有】

登録チャンネル数300万人を超える人気ユーチューバーのセイキン氏(ヒカキン氏の兄)が、レクサスのフラッグシップセダンモデル「LS500h version L」を新車購入・納車したことが判明。
セイキン氏と言えば、過去に何度か自動車レビューの動画をアップしており、自身でレクサス好きを謳う程。
都内在住ということもあって、自家用車は持っていない?とも囁かれていましたが、ここにきてまさかのレクサス最上級セダン「LS」を納車するとは驚きです。

スポンサーリンク

これは私も知りませんでしたが、今回「LS」が納車するまではブラックカラーのミドルサイズSUVモデル「RX」を所有していたみたいです。
過去に東京お台場にて開催のメガウェブの動画にて、レクサスをピックアップした動画がありましたが、そのとき確かに「LS」と「RX」のプレビューを長めに紹介していたと記憶しています(当時は「RX」を所有していなかった)。

話は若干逸れましたが、早速納車した「LS」をチェックしていきましょう。
グレードはハイブリッドモデルの「LS500h version L」と最上位から2番目となります、駆動方式はおそらく後輪駆動(FR)と思われます。
従って、オプション無しでも車両本体価格だけで1,460万円。
ボディカラーはホワイト系のソニッククォーツ。意外にもオプションのサンルーフを付けていません。

足回りを確認していくと、オプションのスパッタリング塗装された20インチランフラットタイヤ&ノイズリダクションアルミホイールが装着されていますね。
これだけで162,000円追加されます(標準は19インチタイヤ)

インテリアはシンプルにブラックかと思いきや、ノーブルブラウンのセミアニリン本革をチョイス。何とも渋すぎるインテリアカラーですね。
「LS」の上位グレード”version L”ともなると、ほとんどの機能が標準装備されているので、あまりオプションで悩むことはないと思いますが、それでも総支払額は1,500万円オーバーになることは間違いなさそうです。

このあとは、セイキン氏のアパートの駐車場?に弟のヒカキン氏を呼んで、東京都内を試乗レビューしていきますが、何ともリッチすぎる駐車場ですね。

それでは早速、人気ユーチューバー・セイキン氏と弟・ヒカキン氏との試乗レビューを見ていきましょう。

【新車購入!!ヒカキン & セイキン 東京ドライブ! 新型レクサス LS500h】

ちなみにこちらが、2013年にアップされたレクサス車両のレビュー動画。

【新型レクサスに興奮するヤツ】

【関連記事】
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本を代表するフラッグシップ高級サルーン、その複雑さと美しさにため息【エクステリア編】(217/11/3投稿)
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本文化と匠の技術を駆使した美の集大成【インテリア編】(2017/11/4投稿)
レクサス・新型「LS」のカタログを入手。フラッグシップモデルだけあってやはり気合いが違う一冊(2017/11/26投稿)
レクサス・新型「LS500h」に試乗。スポーツラグジュアリーだからこそ乗って楽しめる一台(2017/12/2投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう