スーパーカーメーカ >パガーニ

パガーニ「ウアイラBC・ロードスター」の開発車両を遂にキャッチ。800馬力以上のハードトップ?

パガーニ「ウアイラ」のハイパフォーマンス・オープンモデル「ウアイラBC・ロードスター」の開発車両が遂にキャッチされました。
この新型ハイパフォーマンスモデルは、ルーフがカブリオレタイプで取外し可能となるV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力800ps以上を発揮する一台となります。

スポンサーリンク

開発車両は、イタリアの公道にて目撃されており、真のアイデンティティを隠すために十分カモフラージュと偽装が施されていますね。
フロント部分は、「ウアイラ・ロードスター」よりも若干アグレッシブな表情となり、「ウアイラBC・クーペ」に近いデザインとなります。

リヤデザインは、レーシングスタイルのようなアクティブなリヤディフューザーにクワッドエキゾーストパイプがセンターに集約されていることが確認できます。
今回の開発車両では、最も気になる大型リヤウィングが搭載されていませんが、格納式でもなさそうですね。

足回りについては、ユニークなBC専用のアルミホイールを装着していますが、ブロンズカラーにてそのまま採用されるかは不明。

既に販売されている「ウアイラ・ロードスター」のルーフトップはソフトトップであることが確認できていますが、今回のBCロードスターでは、カーボンファイバフィクスチャ(ハードトップ)であることが確認できています。もしかするとこのハードトップが標準装備になるかもしれません。
なお、「ウアイラ・ロードスター」は「ウアイラ・クーペ」よりも80kgも軽量化されていることが確認できているため、今回の「ウアイラBC・ロードスター」も「ウアイラBC・クーペ」よりも軽くなる可能性が高く、更なる軽量化が期待されています(つまりこれまでで最も軽い「ウアイラ」になる?)。

「ウアイラBC・ロードスター」のパワートレインは、排気量5.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力800ps以上発揮すると予想。トランスミッションは、BC専用に設計された7速ATが搭載される可能性が高いです。
なお、生産台数については100台、車両本体価格は約2.9億円以上と言われています。

【関連記事】
パガーニ「ウアイラ・ロードスター」が遂にアンヴェール。ドアはまさかの横開きだった件【動画有】(2017/3/7投稿)
クーペよりも軽いパガーニ「ウアイラ・ロードスター」。ルーフはダイネーゼと共同開発していた模様(2017/3/4投稿)
パガーニが最速モデル「ウアイラBC・マッキナ・ヴォランテ」をジュネーブMSにて発表。オーナーはランボルギーニ「ヴェネーノ」も所有(2018/3/1投稿)

Reference:motot1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 車情報へ
にほんブログ村

-スーパーカーメーカ, >パガーニ
-, , , ,