750馬力発揮のスーパーSUV?!GパワーがBMW「X6M」を過激にカスタム【動画有】

主にアウディやBMWのカスタムを施すチューナーのGパワーが、BMWのハイパフォーマンスSUVモデル「X6 M」の過激カスタムモデル「X6 Mタイフーン」を公開しました。
今回ベースとなっている「X6 M」は、BMWのSUVモデル史上最もスポーティな一台で、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力575ps、最大トルク750Nmを発揮します。

スポンサーリンク

今回Gパワーは、そのハイパフォーマンスを更に過激にすべく、幅広くなったフェンダーや大型インテークを持つカスタムフロントバンパー、サイドロッカーパネル、新デザインのリヤバンパー、カーボンコーティング付きクワッドエキゾーストパイプのフルエアロキットを装備。

予算に応じて、カーボンファイバディフューザーやベンチュリ―フードを搭載することでエアロ機能とエンジン性能を向上させることも可能に。
更には23インチのダブルハリケーンと呼ばれるJetBlackダブル5スポークPR合金ホイールも装着可能で、本格的な大型セダンへと様変わりしています(これはデカすぎる…)。

23インチの大口径合金ホイールを装着することで、GX6M-RSと呼ばれるコイルオーバーサスペンションをインストールし、フロントアクスルを最大40mm、リヤアクスルを最大30mmローダウン可能となります(もちろん、ハンドリング性能も向上)。

パワートレインについては、排気量4.4L V型8気筒ツインターボエンジンをそのままに、電子式v-maxリミッター解除と併せて、ターボチャージャーアップグレードキット、カスタムダウンパイプ、V3ソフトウェアの調節により、最高出力575ps→750ps、最大トルク750Nm→980Nmと、ランボルギーニ「ウルス」を圧倒する程に過激にパワーアップできます。

なお、Gパワーによれば、これだけの過激チューンで最高時速300km/hにまで到達可能で、ゼロヨン加速時間はわずか11.5秒にてクリアできるとのことです。

【G-POWER X6 M TYPHOON – DER ULTIMATIVE POWER SUV-COUPE MIT 750 PS】

【Gパワー関連記事5選】
GパワーがBMW「M2」をカスタム。+130馬力向上、0-100km/h加速時間は3.9秒(2018/5/9投稿)
GパワーがBMW「M3」をカスタム。約40万円で500馬力チューンやっちゃう?(2018/4/15投稿)
ランボルギーニ「アヴェンタドール」並?GパワーがBMW「M5」専用の過激なチューニングパッケージを開発(2018/2/1投稿)
Gパワーが、BMW「M4」専用チューニングパッケージを発表。最高出力を200馬力以上も向上(2017/12/31投稿)
ライバルはランボルギーニ「ウルス」。GパワーがBMW「X5 M」を+200馬力アップ(2017/12/14投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう