スズキ・新型「ジムニー」見積もりしてみた!グレード毎のオプションの違いは?「ジムニー」の燃費も公開

2018-06-26

過去これまで、スズキの新型「ジムニー」に関する詳細情報(スペック、エンジン、ボディカラー、現行との違い等)を公開してきましたが、今回ようやく見積もりが取得でき、併せて各グレード(XG/XL/XC)のオプション・装備の違い、そして新型「ジムニー」の燃費も明らかとなったため、以下に公開していきたいと思います。
※簡易カタログ(主要緒元等の記載は無し)は6月18日(月)より配布されるみたいです。

スポンサーリンク

まずは【新型「ジムニー」の見積もり】について。
今回取得した新型「ジムニー」の見積もりは、エントリーグレード”XG”/中間グレード”XL”/上位グレード”XC”の3種類。
トランスミッションは全て5速MT(マニュアル)のみとなります。
本当は4速ATも取得しようと思いましたが、こちらについてはまた後日公開致します。

それではエントリーグレード”XG”の見積もりから。
※他のグレードにおいても①~②の金額は同じ(③は車両本体価格に依存)なので、”販売価格”と”販売価格合計”を参考にしていただけたらと思います。

【ジムニー・エントリーグレード”XG”、駆動方式:4WD、トランスミッション:5速MT】(価格は税込となります)
販売価格(車両本体)・・・1,500,120円
付属品(部品)価格①・・・26,568円
手続代行費用等②・・・120,240円
預り法定費用等③・・・82,640円
消費税・・・121,994円
販売価格合計・・・1,729,568円

①付属品明細(ディーラオプション・後付け可能なもの)・・・26,568円
・フロアマット・ジュータン(ノーブル)・・・11,502円
・ドアバイザー・・・11,394円
・ナンバープレートトリム(2枚)・・・3,672円
②手続代行費用明細(課税)・・・120,240円
・納車前準備費・・・0円
・新車納整費・・・8,640円
・登録届出手続代行費用・・・37,800円
・車庫証明手続代行費用・・・16,200円
・下取車諸手続代行費用・・・9,000円
・コーティング・・・48,600円
③預り法定費用等明細(非課税)・・・82,640円
・自動車税・・・0円
・自動車取得税・・・25,000円
・自動車重量税・・・9,900円
・自賠責保険料・・・34,820円
・リサイクル料・・・9,300円
・登録届出費用・・・0円
・車庫証明費用・・・500円
・ナンバー・・・1,500円
・注文書印紙・・・200円
・登録印紙代・・・1,400円

正式に公表された車両本体価格は1,500,120円(税込)でしたね。
以前の記事では、エントリーグレード”XG”の車両本体価格が1,458,000円(税込)とお伝えしましたが、このあたりは地域やディーラによって若干の差が発生するかもしれません。
①付属品明細は、必要最低限のものを選択し、②手続代行費用明細のコーティングは任意なので、このあたりで総支払金額は若干変動しそうです。

続いては、中間グレード”XL”の見積もり。

【ジムニー・中間グレード”XL”、駆動方式:4WD、トランスミッション:5速MT】(価格は税込みとなります)
販売価格(車両本体)・・・1,624,320円
付属品(部品)価格①・・・26,568円
手続代行費用等②・・・120,240円
預り法定費用等③・・・84,640円
消費税・・・131,194円
販売価格合計・・・1,855,768円

①付属品明細(ディーラオプション・後付け可能なもの)・・・26,568円
・フロアマット・ジュータン(ノーブル)・・・11,502円
・ドアバイザー・・・11,394円
・ナンバープレートトリム(2枚)・・・3,672円
②手続代行費用明細(課税)・・・120,240円
・納車前準備費・・・0円
・新車納整費・・・8,640円
・登録届出手続代行費用・・・37,800円
・車庫証明手続代行費用・・・16,200円
・下取車諸手続代行費用・・・9,000円
・コーティング・・・48,600円
③預り法定費用等明細(非課税)・・・84,640円
・自動車税・・・0円
・自動車取得税・・・27,000円
・自動車重量税・・・9,900円
・自賠責保険料・・・34,820円
・リサイクル料・・・9,300円
・登録届出費用・・・0円
・車庫証明費用・・・500円
・ナンバー・・・1,500円
・注文書印紙・・・200円
・登録印紙代・・・1,400円

中間グレード”XL”の販売価格(車両本体)が1,624,320円となっていますが、これはメーカオプションである「デュアルセンサーブレーキサポート」が付いての価格となります(上位グレードの”XC”は標準装備、エントリーグレードの”XG”もメーカオプション扱い)。
メーカオプションはこの1択のみで、オプション費用は約30,000円とのこと。

最後は、上位グレード”XC”の見積もり。

【ジムニー・上位グレード”XL”、駆動方式:4WD、トランスミッション:5速MT】(価格は税込みとなります)
販売価格(車両本体)・・・1,744,200円
付属品(部品)価格①・・・26,568円
手続代行費用等②・・・120,240円
預り法定費用等③・・・86,640円
消費税・・・140,074円
販売価格合計・・・1,977,648円

①付属品明細(ディーラオプション・後付け可能なもの)・・・26,568円
・フロアマット・ジュータン(ノーブル)・・・11,502円
・ドアバイザー・・・11,394円
・ナンバープレートトリム(2枚)・・・3,672円
②手続代行費用明細(課税)・・・120,240円
・納車前準備費・・・0円
・新車納整費・・・8,640円
・登録届出手続代行費用・・・37,800円
・車庫証明手続代行費用・・・16,200円
・下取車諸手続代行費用・・・9,000円
・コーティング・・・48,600円
③預り法定費用等明細(非課税)・・・86,640円
・自動車税・・・0円
・自動車取得税・・・29,000円
・自動車重量税・・・9,900円
・自賠責保険料・・・34,820円
・リサイクル料・・・9,300円
・登録届出費用・・・0円
・車庫証明費用・・・500円
・ナンバー・・・1,500円
・注文書印紙・・・200円
・登録印紙代・・・1,400円

上位グレード”XC”は、「デュアルセンサーブレーキサポート」が標準装備となります。
後ほど各グレードの標準装備を記載しますが、やはり総支払額は200万近くまで跳ね上がりますね(エントリーグレードとの差額は約25万円)。

続いては【各グレード(XG/XL/XC)のオプション・装備の違い】について。
グレードによって、意外にも大きく異なる部分はありますが、現時点でわかる範囲で以下にまとめていきたいと思います。

まずは、エントリーグレード”XG”のオプションと装備についてですが、基本的にこのグレードのメーカオプションはデュアルセンサーブレーキサポートのみとなります。
標準的に装備されるものとしては以下の通り。

【エントリーグレード”XG”標準装備】
○運転席・助手席SRSエアバッグ
○SRSカーテンエアバッグ
○フロントシートSRSサイドエアバッグ
○マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ・フォグランプ
○フロントフォグランプ
○エアコン
○フロント2スピーカー
○16インチスチールホイール(いわゆる鉄チンホイール) 等

上記の通り、エントリーグレード”XG”と中間グレード”XL”については、フロントヘッドランプとフォグランプは原則ハロゲンLEDランプは上位グレード”XC”のみとなります。
なお、エアコンはオートエアコンタイプではなく、昔ながらの懐かしいダイヤル式設定、エンジンスタートはキーレスではなく、エンジンキーを挿してイグニッションスイッチを回すタイプとなります。

続いては、中間グレード”XL”のオプションと装備についてですが、このグレードもメーカオプションはデュアルセンサーブレーキサポートのみとなります。
標準的に装備されるものとしては以下の通り。

【中間グレード”XL”標準装備】
○運転席・助手席SRSエアバッグ(”XG”と同様)
○SRSカーテンエアバッグ(”XG”と同様)
○フロントシートSRSサイドエアバッグ(”XG”と同様)
○マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ・フォグランプ(”XG”と同様)
○フロントフォグランプ(”XG”と同様)
○16インチスチールホイール(”XG”と同様)
○フルオートエアコン

○キーレスプッシュスタートシステム
○電動格納式リモコンドアミラー
○スモークガラス 等

上記の通り、こちらもエントリーグレード”XG”同様にフロントヘッドランプとフォグランプはハロゲンとなりますが、実用性を考慮しての電動格納式リモコンドアミラーが搭載されるのは非常にありがたいところですね。

最後は、上位グレード”XC”のオプションと装備についてですが、このグレードのオプションは無し(デュアルセンサーブレーキサポートが標準)となります。
標準的に装備されるものとしては以下の通り。

【上位グレード”XC”標準装備】
○運転席・助手席SRSエアバッグ(”XG”/”XL”と同様)
○SRSカーテンエアバッグ(”XG”/”XL”と同様)
○フロントシートSRSサイドエアバッグ(”XG”/”XL”と同様)
○デュアルセンサーブレーキサポート
○LEDヘッドランプ
○ヘッドランプウォッシャー
○キーレスプッシュスタートシステム(”XL”と同様)
○電動格納式リモコンドアミラー(”XL”と同様)
○スモークガラス(”XL”と同様)
○クルーズコントロールシステム
○LEDサイドターンランプ付ドアミラー
○16インチアルミホイール 等

やはり上位グレードだけあって”XC”の標準装備はかなり豪華ですね。
LEDヘッドランプ・フォグランプはもちろん、ヘッドランプウォッシャー、クルーズコントロールといった先進機能多数というのは非常にありがたいところ。

ちなみに、グレード別のカラーラインナップは以下の通り。

モノトーン(単色)
①キネティックイエロー(グレード”XL”、”XC”に設定可能)
②シフォンアイボリーメタリック(グレード”XL”、”XC”に設定可能)
③ブリスクブルーメタリック(グレード”XL”、”XC”に設定可能)
④ミディアムグレー(グレード”XL”、”XC”に設定可能)
⑤ブルーイッシュブラックパール(グレード”XG”、”XL”、”XC”に設定可能)
⑥ジャングルグリーン(グレード”XG”、”XL”、”XC”に設定可能)
⑦シルキーシルバーメタリック(グレード”XG”、”XL”、”XC”に設定可能)
⑧ピュアホワイトパール(グレード”XC”のみ設定可能)
⑨スぺリアホワイト(グレード”XG”、”XL”に設定可能)

ツートンルーフ(グレード”XC”のみ設定可能)
⑩キネティックイエロー/ブラックツートンルーフ
⑪シフォンアイボリーメタリック/ブラックツートンルーフ
⑫ブリスクブルーメタリック/ブラックツートンルーフ
ブラックトップツートン(グレード”XC”のみ設定可能)
⑬キネティックイエロー/ブラックトップツートン

なお、ツートンのオプション価格はキネティックイエロー/シフォンアイボリーメタリック/ブリスクブルーメタリックブルーの3色のみでブラックルーフのオプション価格は+43,200円。
キネティックイエローのみブラックルーフ以外にボンネットもブラックにすることが可能で、こちらはオプション価格は+64,800円となっています。

最後は【新型「ジムニー」の燃費】について。
新型「ジムニー」の燃費情報が一切公開されていませんが、こちらはディーラの諸元表を確認させていただきましたので、確実な情報となります。

新型「ジムニー」の燃費は、新燃費基準となるWLTPより、5速MT仕様が16.2km/L4速AT仕様が13.2km/Lとなります。

以上が、新型「ジムニー」の最新情報となります。
次回は乗用車モデルの「ジムニー・シエラ」の見積もり、標準装備・オプション、燃費を公開していきたいと思います。

【新型「ジムニー」関連記事7選】
スズキ・新型「ジムニー」追加情報。将来的にはソフトトップ、ロングホイールベースモデルも販売?(2018/6/12投稿)
これがスズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」のボディカラーだ!早速一覧を公開してみる(2018/6/11投稿)
スズキ・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」価格まとめてみた。リヤドア開口部も工夫アリ!(2018/6/11投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の資料が続々とリーク。リヤトランクやエンジン縦置き、そして価格も!(2018/6/10投稿)
これ欲しいかも。スズキ・新型「ジムニー」のツートンカラーはこうなる!というレンダリングが公開に(218/6/9投稿)
スズキ・新型「ジムニー」の内装もリーク。「ジムニー」らしい古臭さとデジタル技術を融合(2018/6/9投稿)
スズキ・新型「ジムニー(JB64)」のカタログがリーク。ボディカラーは10色以上、基本設計は前型(JB23型)から大きな変更は無し(2018/6/7投稿)
遂に来た。スズキの新型「ジムニー」がセールス向け先行展示会にて登場(2018/6/6投稿)

新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」に関する最新情報はコチラにてまとめております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう