総額約16.5億円の異次元過ぎる光景。オラチオ・パガーニCEO率いるパガーニ軍団がロンドンに集結【動画有】

26年前のモデルとは思えぬ究極のスーパーカー

イギリス・ロンドンにて、パガーニ・アウトモビリCEOのオラチオ・パガーニ氏を筆頭に、パガーニ「ゾンダ(8台)/ウアイラ(2台)」集団が集結。
とても現実世界に存在するとは思えぬ近未来的なスーパーカー達ですが、こういったモデルたちを確認できることも欧州の魅力の一つだったりします。

スポンサーリンク

実はたった2車種しか販売していないパガーニ

パガーニは、1992年にイタリア・モデナにショップを設立し、1999年には生産モデルとなる「ゾンダ」を販売スタートしました。
パガーニの設立以来、約21年間に渡って生産が続けられていた「ゾンダ・シリーズ」ですが、その姿は今でも全く色褪せない究極のスーパーカーとして君臨しています。

もう一つパガーニがラインナップしているモデルとして「ウアイラ」がありますが、こちらも「ゾンダ」同様に様々なワンオフモデルや特注デザインにて納車し、その価格は2億円~3億円にも上ります。



今回オラチオ・パガーニ氏が先頭を切って走行していたのは、世界でも僅か3台しか存在しない「ゾンダHPバルケッタ」で、恐らく「ゾンダ・シリーズ」の中でも圧倒的にフロントスクリーンが狭すぎる一台かと思われます。
後輪は部分的に覆われ、どこか「ゾンダ・チンクエ」を連想させるセンタースクープを持ちます。

それ以外にも様々なモデルの「ゾンダ/ウアイラ」も集結していますが、これらのモデルに共通していることとしては、全てのエンジンがメルセデスベンツAMG製V12を搭載しているということ。
今後も、パガーニとメルセデスベンツAMGの提携は常に強力な結束力を持ち、次期エレクトリックモデルにおいても、何かしらAMGの技術と意匠を引継ぎ、軽量且つトルクフルなモデルを生産していくものと考えられます。

【$15 MILLION ZONDA HP BARCHETTA Leading Pagani Convoy In London!!!】

☆★☆パガーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

アメリカ第一号のパガーニ「ウアイラ・ロードスター」が登場。フェラーリルックでかなりアリ!(2018/7/2投稿)
ロンドンにて、パガーニのワンオフモデル「ゾンダ・マイルソン」登場。モデル史上最大のリヤウィングがあまりにも大きすぎた件【動画有】(2018/6/14投稿)
フェラーリ・ワンオフモデル「SP38」のオーナー所有のパガーニ「ゾンダ・エーテル」が公開(2018/6/3投稿)
パガーニCEO「V12が廃止されれば、ハイブリッドモデルは販売しない。電気自動車を採用する」(2018/5/30投稿)
ボンネットどうなってるの?パガーニの最速ワンオフ・モデル「ウアイラBC・マッキナ・ヴォランテ」がジュネーブに登場(2018/5/23投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう