Creative BespokeがメルセデスベンツAMG「GT S」を「GT R」風にカスタム。「GT R」以上に派手だった件

何ともド派手な「GT S」が登場

メルセデスベンツやAMGを専門に手掛けるチューナのCreative Bespokeが、AMG「GT S」専用空力ボディキットを公開。
純正モデルでもワイド&ローで非常にスポーティな「GT S」ですが、更にローダウン&エアロキット装着で派手さが際立ち、最上位モデルの「GT R」風というよりも、GTレースカー並に過激に仕上げられています。

スポンサーリンク

カーボンを活かしたカスタムパーツが充実

今回カスタムが施されている「GT S」には、カーボンファイバパッケージなるものが設定されていて、全く新しいフロント・リヤバンパーやフロントグリル、ビーフサイドスカート、巨大リヤウィングを装着することで強力なダウンフォースを発生し、ハンドリング性能を向上。
リヤについては、シボレー「コルベットZR1」からインスピレーションを受けたガラスエンジンフードへとリプレイスされています。

足元については、マットブラウン仕上げのADV.1製20インチマルチスポークホイールを装着。これに加えて更にローダウン化するためにH&Rスポーツスプリングをインストールしています。

エンジンも過激にチューンアップ

パワートレインは、ECUセットアップとPKGチューン、そしてカスタムエキゾーストにより排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、最高出力515hp→622hp/最大トルク670Nm→807Nmへと向上しています。
このカスタムチューニングにより、パフォーマンス性として0-100km/hの加速時間が3.5秒未満に短縮されるだけでなく、エキゾーストサウンドも更に過激さを増すとのこと。

☆★☆関連記事2選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう