シャシー番号#1&公道走行可能なマクラーレン「P1 GTR」が中古車市場にて販売中

一番最初に作られた「P1 GTR」が登場

マクラーレンのアルティメットモデルとなる「P1」のレーシング仕様でありながら、公道での走行が可能な「P1 GTR」が中古車市場にて登場。
「P1 GTR」は、「P1」を購入したオーナーのみが購入可能な超希少車種で、新車販売価格としては驚異の約3.4億円。
通常の「P1」が約1億円となるため、「P1 GTR」も含めると約4.4億円というとんでもない金額が必要となります。

スポンサーリンク

公道走行も可能なレーシングモデル

ベースモデルとなる「P1」は、世界限定375台のみ製造されましたが、「P1 GTR」は更に約1割の40台といわれているも、厳密には58台製造されている模様。

上記にもある通り、この「P1 GTR」は公道仕様に改造されているのですが、この個体を改造したのはイギリスのLanzante Motorsportというエンジニアリング会社で、マクラーレンお墨付きとなる企業。
過去に「P1 LM/F1 LM」等も手掛けており、既にマクラーレンのサーキット仕様を公道仕様に改造したものは20台以上にも上るといわれています。

今回販売されているモデルのボディカラーは、イエローをメインに淡いレッドカラーでセンターストライプを施したツートンデザイン。

インテリアは非常にシンプルなブラックのアルカンターラスポーツシートを採用し、ダッシュボードやセンターコンソール周りにはカーボンファイバをふんだんに使用していますね。

しかもこの個体、シャシー番号1ということで、世界で一番最初に製造された「P1 GTR」ということになり、そのプレミア価値は相当に高いのではないかと思います。

気になるその価格は?

走行距離は僅か1,448kmとかなりの低走行モデルで、コンディション自体は非常に良好。
パワートレインは、「P1」と同じ排気量3.8L V型8気筒ツインターボエンジン+電気モータを搭載するも、最高出力916ps→1,000psまでと過激なチューニングが施されています。
これによるパフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が2.4秒、至高時速は362km/hにまで上るといいます。

気になる中古車市場価格については、やはり要応談とのことですが、新車販売価格3.4億円以上である可能性は高いとして、更に世界で一番最初に作られた個体+公道走行可能であることを考慮すると、やはり4億円近くにまで跳ね上がるのではないかと考えられます。

☆★☆「P1 GTR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

恐らく最も過激なドリフトターン。マクラーレン「P1GTR」が両ドアオープンでオフロード・ドーナツターンを披露【動画有】(201/7/4投稿)
ロンドンにて、「アノ」中古市場に登場していた公道仕様のマクラーレン「P1GTR」が登場(2018/1/16投稿)
サーキットモデルのマクラーレン「P1 GTR」が中古車市場に販売中。ちょっと驚くような販売価格に(2017/8/8投稿)
モナコにてブロンズカラーに近いマクラーレン「P1 GTR」が目撃に(2017/5/23投稿)
最強トリオ「ラ・フェラーリ」「P1 GTR」「918スパイダー」がオークションにて登場。3台合計の予想最高落札価格は約9億円(2017/5/18投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう