スポーティ・ブルーとMパフォーマンスパーツの組合せは無敵。BMWアブダビが「M5」をカスタム

BMWが久々にスポーツカスタム

イエローやレッド、ブラウン、ホワイト、ブラック等、豊富なカラーと過激な”純正”カスタムを施すことで有名なBMWアブダビが、今度はハイパフォーマンスモデルの「M5」を過激にカスタム。
今回BMWアブダビが選定したボディカラーは、マリーナ・ベイ・ブルーメタリックで、いかにもスポーティさを全面に押し出した色合いに、Mパフォーマンスエアロダイナミクスパッケージ、そしてACシュニッツァー製ブーツウィングを装備したフルカスタムとなります。

スポンサーリンク

ブルーとブラックのメリハリを強調したフロント

フロントから確認してみると、その引き締まったメタリックブルーのボディに、更に引き締まりを強調するブラックペイント処理のキドニーグリル、両サイドのインテークにもブラックメッシュの面積拡大、そしてインテーク周りにカーボンファイバ製エアロキットを装着したおかげもあって、非常にメリハリの強いスポーティな外観を得たのではないかと思います(ブラックの部分が増えたことで立体感とスポーティさが際立っている)。

サイドにもちょっとしたアクセントのブラックを追加

サイドから見てみるとこんな感じ。
足元には専用スポーツサスペンションにて最適な位置までローダウンし、サイドスカートにもMパフォーマンスエアロダイナミクスパッケージによりカーボンファイバを採用。

足元のホイールも純正ながらダブル7スポークの20インチホイールに、ミシュラン製パイロットスポーツ4Sタイヤを装着。
足回りのイエローカラーとなるブレーキキャリパがブルーのボディと意外にもマッチしていますね(ってかブレーキディスクでかっ!)。

リヤはレーシングスタイル

リヤデザインも過激且つスポーティに変化。
上記の通り、ACシュニッツァーによるリヤウィングを装着することでレーシングスタイルを表現し、カーボンファイバ製リヤディフューザー、両サイド2本出しのクワッドエキゾーストパイプをインストールしています。

一転してインテリアは超シンプル

インテリアは外観とは異なってすご~くシンプル。
オールブラックのレザーシートやダッシュボード、インストアパネル、センターコンソール周りも全てブラックにて仕上げられているため、ゆったりした空間を提供。インテリアは特にカスタムしていないのかもしれませんね。

☆★☆BMWアブダビ関連記事5選はコチラ!☆★☆

ブラックだけで終わらせないのがイイね!BMWアブダビが「X4 M40i」ブラック&レッドにカスタム(2018/8/5投稿)
BMWアブダビがまたまたカスタム。今度は「M140i」にボディキット装着でスポーティに(2018/6/24投稿)
その名も”ボストン・グリーン”。BMWアブダビが特別カラーに身を纏った「M760Li」を公開(2018/6/10投稿)
これは新色?BMWアブダビがアベンチュリンレッドの「M550i」を公開(2018/6/4投稿)
BMWアブダビが珍しいブラックを採用した「M5」を公開。見方によってはブルーにも?(2018/4/29投稿)

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう