装甲車用のアストンマーティン「DB11」が登場。防弾仕様でありながらも150kg未満の重量増、快適性も抜群

まさに外敵から身を護るボンドカー

以前、ダッジ「チャージャーSRTヘルキャット」やBMW「X5」等の装甲車両が登場し、年々と装甲車市場の需要が高まっている中、今回はアストンマーティンの2ドアクーペモデル「DB11」の装甲仕様モデルが登場しています。

これは、装甲車専門企業であるTrasco(トラスコ)によって改造されたモデルで、同社の新しいA-Kip(Anti-Kidnapping)と呼ばれる軽量装甲コンセプトを採用しており、その名の通り軽量素材を活かしながら「拳銃や誘拐、カージャック、貴重品の盗難」といった攻撃から守るために提供されたキットとなります。

スポンサーリンク

重量増加は僅か150kg、快適性は損なわず

今回発表されている軽量装甲コンセプトは、バリスティックスチールやドア内部の複合材料と防弾能力レベル4認定のバリスティックグラスを使用することで、従来「DB11」よりも車両重量は150kg未満の増加にて抑えられています。
※防弾能力レベル4ともなると、200m離れた位置から、弾速911m/sにて発射された14.5mm×114mm弾を防ぐことのできる防弾能力と、30m離れた位置から155mm榴弾砲の榴弾が爆発しても耐えられる耐爆能力等が挙げられます。

なお、これだけの重厚な装備をしながらも”車の性能や快適性”は損なわれてはいないものの、トラック上にて走行する場合は明確な差が発生してくるとのこと。
そして、トラスコ社が開発した軽量装甲コンセプトは、事実上すべての車両に適用することができるとのことで、重量の優位性に加えて、車両の外観を維持することが可能となります(見た目では明らかに装甲車両とはわからないレベル)。

☆★☆防弾仕様モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

ライフル射撃にも耐え得る究極のポリスカー・ダッジ「チャージャーSRTヘルキャット」が登場。防弾ガラス&パネル装備で、B7レベルのプロテクトを保証だ!(2018/9/8投稿)
メルセデスベンツAMG「G63」ベースのリムジン作ってみた。価格は1.3億円、防弾ガラスや赤外線カメラ等も装備【動画有】(2018/8/2投稿)
犯罪多きメキシコにて防弾仕様車両が人気上昇中。アウディが防弾仕様「Q5」を急きょ販売するまでに(2018/6/28投稿)
レズバニが地球上最もタフなSUVモデル「タンク」を発表。500馬力超え、防弾ガラスを装備(2017/10/9投稿)
【12人のボディガード&12気筒エンジン】北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)最高指導者が乗るメルセデスベンツ「S600プルマン・ガード」が登場【動画有】(2018/4/28投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう