ブガッティの予約金よりも2倍以上。栃木発のEVハイパーカー・アスパーク「owl(アウル)」の予約金が約1.3億円、更にはキャンセル不可能と鬼畜過ぎる件

「owl(アウル)」の予約金はまさかの約1.3億円

昨年のドイツ・フランクフルトモーターショー2017にて発表された、栃木県発のEVハイパーカー・人材派遣会社のアスパーク「owl(アウル)」。
この個体の予約受付がようやく開始したとのことですが、購入することを保証するための予約金(デポジット且つ頭金)として約1.3億円が必要であり、しかもこの予約金は払い戻し不可という鬼畜っぷりを発揮していることがわかりました。

スポンサーリンク

他社の予約金はいくらぐらい?

「owl」の車両本体価格は約4億円(デポジットは約30%分を支払い)と、ブガッティ「シロン」やアストンマーティン「ヴァルキリー」、メルセデスベンツAMG「One」、ランボルギーニ「チェンテナリオ」よりも圧倒的に高額となりますね。

ちなみに、ブガッティ「ヴェイロン/シロン」は予め購入を希望するオーナーの年収や車両維持可否、所有車歴、社会貢献度を評価した上で、オーナーに対して予約金5,000万円を請求し、更にはブガッティ本社にて仕様決めの綿密な打合せのために、ファーストクラスチケット付の招待状が送付されるとのこと(仕様決め完了後、オプション等込みの総支払額が確定したら残金全額支払い)。

一方でランボルギーニの予約金は、ディーラによっては異なるものの車両本体額の約10%分(「ウラカン」は300万円、「アヴェンタドール」は500万円)を支払う必要がありますね。
フェラーリも様々ですが、標準ラインナップは予約金500万円(但し、スペチアーレモデルは別の可能性も)となっています。

改めて「owl」のスペックを見てみよう

話は少し逸れましたが、「owl」はオールエレクトリックモデルのため、内燃機関は搭載せず電動モータにて駆動します。
スペックとしては、システム出力が1,150ps/最大トルク885Nmを発揮し、ボディのほとんどにはカーボンファイバ素材を採用しているにも関わらず車体重量は約1,500kgとそこそこ重いです。

パフォーマンスとしては、公道仕様のタイヤを装着して0-100km/hの加速時間が1.99秒(実測値)、更に今年2月にはレーシングスリップタイヤを装着しての加速時間が1.89秒を記録という圧倒的な加速力を持つとのことで、テスラ「モデルS P100D」やダッジ「チャレンジャーSRTデーモン」といった0-100km/hトップの加速時間2.3秒を上回るスペックを持ちます。
最高時速は280km/hにまで到達するとのことですが、理論上としては300km/hまで到達可能とのこと。

なお、アスパークは先日より開催中のパリモーターショー2018に出展中で、購入希望者募集中とのこと(予約希望者は既に50人に到達)。

☆★☆アスパーク関連記事4選はコチラ!☆★☆

栃木発のスーパーカー・アスパーク「owl(アウル)」の0-100km/h加速時間は1.92秒【動画有】(2018/2/19投稿)
栃木が生み出した0-100km/h僅か2秒以下のEVスーパーカー「アウル(owl)」が遂に世界デビュー(2017/9/13投稿)
世界最高額。栃木発のEVハイパーカー・アスパーク「アウル」は、超高額の約4.6億円にて販売か(2017/9/18投稿)
栃木が開発したEVスーパーカー「アウル」がフランクフルトモーターショー2017にて登場。0-100km/hの加速時間は2秒(2017/9/5投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう