マクラーレン「720S」専用のトラックパッケージが発売。ホイールは-24kg、カーボンパーツ多用で約420万円也。「マクラーレン・セナ」とのリベンジバトルも公開【動画有】

「720S」を更に高める貴重なトラックパッケージが登場

マクラーレンのスーパーシリーズ「720S」に、最新オプションとなるトラックパッケージを新たに追加販売しました。
このトラックパッケージは、既に納車されている既存の「720S」にも装着することが可能な後付け&付替えオプションとなっていて、加速性能においてずば抜けたパフォーマンスを、エンジンチューニングは一切施さず、更に軽量化させることで加速性能を高める画期的なオプションとなっています。

スポンサーリンク

カーボンを多用した贅沢パッケージ内容

そのパッケージングの内訳としては、グロス仕上げのカーボン・アクティブ・リヤスポイラーやスポーツエキゾースト、ボディ・フォギング・カーボンファイバ・レーシングシート、カーボンファイバ製パドルシフト、ブラック・アルカンターラトリム・ステアリングホイール、そして従来装着される「720S」のホイールよりも24kgもの軽量化が施された超軽量10スポーク鍛造合金ホイールがセットされます。

本気の走りを体感したいヒトへ

軽量化の他にも、「720S」の驚異的な加速力と記録をまとめることのできるトラック・テレメトリシステムも販売されており、これは車内に組み込まれた3台のカメラと、高度なデータロギングソフトウェアを使用することで、ドライバがトラック上でのパフォーマンスを記録・チェック・改善できるように仕上げられています。

上記にもある通り、パワートレインは一切変更なしの排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps/最大トルク770Nmを発揮します。

なお、このトラックパックのオプション価格は全て込々で約422万円。
マクラーレン曰く、エクストラリストから個々のコンポーネントを個別に選択するよりも、明らかにコストパフォーマンスが高いとのこと。
また、これから「720S」の購入を検討されている方は、このトラックパック付での車両本体価格が約3,330万円からとなっています。

「マクラーレン・セナ」vs「720S」のスピードバトルPart2

【McLaren Senna vs 720S | Part 2: Laptimes | Autocar】

こちらは以前、0-160-0km/hの加減速バトルを繰り広げた「マクラーレン・セナ」と「720S」のガチンコバトル。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回はパート2ということで、イギリスのアングルシー・インターナショナル・GPサーキットでのラップバトルとなります。

ちなみに、マクラーレンのスポーツシリーズ「570S」は周回1分37.9秒、スーパーシリーズ「675LTスパイダー」は周回1分35.7秒という記録をたたき出していますが、今回の目玉ともいえる「マクラーレン・セナ」は周回1分31.5秒、そして「720S」は周回1分33.65秒という結果となりました。
まさにグレード順に並べられたラップタイムともいえますが、そのタイム差を縮められる可能性をまだまだ秘めており、「720S」の懐の深さがみられるバトルと言えます。

☆★☆マクラーレン関連記事5選はコチラ!☆★☆

マクラーレンが”レッドカーボン”を採用した特別限定モデル「570Sスパイダー・カナダコミッション」を発表。カナダ市場専売モデルで僅か5台のみ(2018/8/5投稿)
一体なぜ?約2,900万円のマクラーレン「570Sスパイダー」が約1.1億円にて落札(2018/6/29投稿)
カラー代だけで「シビック・タイプR」1台分。特別カラーのマクラーレン「675LTスパイダー」が販売中(2018/6/23投稿)
マクラーレンが、5種類のオプションパッケージを準備した「570Sスパイダー」を発表。これでオプションに悩む必要も無し(2018/4/28投稿)
マクラーレン「570GT」にSハンドリングパッケージが追加。2018年モデルはカーボンブレーキが標準装備へ(2018/1/11投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう