【レンダリング】ポルシェ「テイカン」をミドシップ&スーパーカー風にしたら?→パッと見マクラーレンにしか見えない件

「テイカン」をミドシップスーパーカーにしてみたら?

ポルシェのスーパースポーツモデル「911GT1」をベースに、もしも100%電気自動車モデル「テイカン」をミドシップレイアウトに調整し、スーパーカー風にしたら?というレンダリングが公開されています。
今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのRAIN PRISK氏で、過去にスーパースポーツモデルの”もしもシリーズ”を数多く手掛けてきたスペシャリストでもあります。

スポンサーリンク

見た目は明らかにマクラーレン風に

今回公開されているレンダリングを確認していくと、そのスタイリングは公道仕様というよりもレーシングモデルに近いスタイリングで、ハミタイ上等と言わんばかりのボリュームのある足元にシャコタンに詰め寄る勢いのローダウンっぷりですね。

なお、フロントエンドデザインは「テイカン」をベースにしていますが、フロントヘッドライト周りやフロントエアインテークの形状を見ると、明らかにマクラーレンに寄せたようなデザインにもなっていますね(若干「スピードテール」にも見えるかな?)。
大型リヤウィングは、「911GT3RS」の形状に合わせているようにも見え、エンジンは電気モータやバッテリではなく水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、シートレイアウトは完全2シータへと制限していますね。

☆★☆Rain Prisk関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう