まさに70周年記念モデルにふさわしい一台。ジャガー「F-TYPEコンバーチブル」のWRC仕様モデルが登場【動画有】

まさかの「F-TYPE」WRC仕様が登場

イギリスのスポーツカーメーカ・ジャガーが、同社初となるスポーツモデル「X120」を1948年に発表して以来ちょうど70周年を迎えるということで、その特別記念モデルとして「F-TYPEコンバーチブル」をベースにしたラリーカーを世界初公開しました。
この個体は、WRC規格に基づき、排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力296hpを発揮します。

スポンサーリンク

WRC参戦を示唆する重要なモデル?

駆動方式については特に言及されていませんが、それ以外のデザインにおいては上記の通り「X120」に敬意を表したモデルということで、FIAラリー基準をベースにしながらもフルロールケージを装備し、6点式ハーネスを備えたレーシングシート、室内消火器、フロントノーズ上に設けられたライトを装備しています。

更には、よりハードブレーキング性能の採用や、調整可能なダンパー、スリップディファレンシャル、油圧式ハンドブレーキ、グラベルマッチングタイヤを備えたコンペティション仕様となっています。

なお、ラリー仕様といえば先日ポルシェ「ケイマンGT4」のラリープログラムモデルが登場し世間を賑わせましたが、このモデルもまさかのコンバーチブルモデルで登場してくるとは思いませんでした。
ラリーモデルは、フォード「フィエスタ」やフォルクスワーゲン「ポロ」といったコンパクトハッチバックに基づくモデルが多い為、ある意味今回のモデルも話題性の一つとして開発された、もしくはWRCへの参戦を示唆するメッセージモデルなのかもしれませんね。

【Jaguar F-TYPE | Rally Car】

☆★☆ラリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう