日産の新型ハイパフォーマンスモデル「リーフe+(LEAF e+)」を見積もりしてみた。2グレード共に500万円超えとかマジかよ…

ハイパフォーマンス新型「リーフe+」の見積もりしてみた!

先日、1月9日に発表されたばかりの日産の100%電気自動車・新型「リーフ」の簡易カタログの中身をご紹介しましたが、今回は見積もり内容を公開したいと思います。
見積もり取得したグレードは、バッテリ容量がアップしたハイパフォーマンス版の「リーフe+」の”e+X/e+G”の全2種類となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

その前にグレード別の価格帯をおさらい

見積もり内容公開の前に「リーフe+」のグレード別価格帯をおさらい。
上記にもある通り、ハイパフォーマンス版のグレード”e+X”は4,162,320円(税込)グレード”e+G”:4,729,320円(税込)となりますが、この価格差はグレード”e+G”にはプロパイロットシステムとプロパイロットパーキングシステム(自動駐車サポート)、本革シートが標準装備されている分となります。なお、グレード”e+X”ではプロパイロットシステム(税込+158,760円)をメーカオプションにて設定可能ですが、プロパイロットパーキングシステムは装備不可なのでご注意を。

実際に見積もりしてみた

まずは下位グレードの”e+X”の見積もり

まずは、下位グレードの”e+X”から見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:e+X/2WD(税込)]
ボディカラー:ブリリアントホワイトパール(+43,200円)
インテリアカラー:ブラック(標準)

○車両本体価格:4,162,320円
●付属品(メーカー(ボディカラー代込)/ディーラーオプション):790,424円
[メーカオプション内訳]・・・444,960円
・ブリリアントホワイトパール:43,200円
・プロパイロット+※(BSM+RCTA+LI+DA+Pブレーキ++アラモニ+ルームミラー+スイッチ):158,760円
・寒冷地仕様+後席ヒーター&吹出口+ヒーターミラー+不凍液+革シート&BOSE:243,000円

[ディーラオプション内訳]・・・345,464円
・新リーフIG50:147,150円
・ドライブレコーダー(DJ4-S):39,054円
・セキュリティ&セーフティパックエントリー:38,520円
・ウィンドウ撥水12か月:7,128円
・ベーシックパック:60,152円
・5years coat:53,460円

○諸経費:201,640円

総支払額:5,154,384円

※BSM:ブラインドスポットモニター(後側方車両検知警報)、RCTA:リヤクロストラフィックアラート(後退時車両検知警報)、LI:インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)、DA:インテリジェントDA(ふらつき警報)、Pブレーキ:電動パーキングブレーキ、アラモニ:インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)、ルームミラー:インテリジェントルームミラー、スイッチ:ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)

総支払額は約515万円とかなり高額になりました。
車両本体価格から諸費用込みで約100万円アップしていますが、プロパイロットシステム(但し、プロパイロットパーキングシステムは付いていない)や本革シートセット等を加味するとどうしてもこの価格帯になってしまうのは仕方ないところ。
ちなみに、シート材質は標準でファブリックとなりますが、本革を選択する場合は寒冷地仕様や後席シートヒータ等が必然的にセットになってしまうみたいです。

最後は上位グレードの”e+G”の見積もり

上位グレードの”e+G”も見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:e+G/2WD(税込)]
ボディカラー:ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック2トーン(+70,200円)
インテリアカラー:ブラック(標準)

○車両本体価格:4,729,320円
●付属品(メーカー(ボディカラー代込)/ディーラーオプション):442,664円
[メーカオプション内訳]・・・97,200円
・ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック2トーン:70,200円
・寒冷地仕様+後席ヒーター&吹出口+ヒーターミラー+不凍液濃度アップ:27,000円

[ディーラオプション内訳]・・・345,464円
・新リーフIG50:147,150円
・ドライブレコーダー(DJ4-S):39,054円
・セキュリティ&セーフティパックエントリー:38,520円
・ウィンドウ撥水12か月:7,128円
・ベーシックパック:60,152円
・5years coat:53,460円

○諸経費:201,640円

総支払額:5,373,624円

総支払額はこちらも約537万円とかなり高額ではありますが、車両本体価格差だけであれば約56万円、上位グレードに近づけたオプションを加味しての価格差としては約20万円程に縮まっています。
なお、上位グレードでは標準装備でプロパイロットシステム+プロパイロットパーキング、本革シートが標準装備されているので、メーカオプションは10万円以下に抑えられています(その代りボディカラーは2トーンに設定)。

☆★☆「リーフ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう