【レンダリング】トヨタ・新型「スープラ」のフロントフェイスにBMW・新型「Z4」に入れ替えてみた→何か普通に似合っていた件

遂に共同開発モデル同士を合体させたレンダリングが登場

先日発表されたばかりのトヨタ・新型「スープラ」ですが、この個体のフロントマスクに共同開発を進めたBMW・新型「Z4」のフロントマスクにスワップさせたら?というレンダリング画像が公開されています。
基本的にこれら二つのモデルは、BMWから提供されたプラットフォームや複数のコンポーネント、更にはエンジンも共有化しているのですが、あくまでも素人目線から見たらガワが違うだけのモデルのようにも見えるかもしれません。

スポンサーリンク

思いのほか似合いすぎてユーモアには欠ける?

しかしながら、実際には足回りや走行性能、乗り心地に関しては各社独自の味付けが施されているため決して同じではないのですが、今回のレンダリングを見て見ると、ボディラインは基本的にクーペタイプの「スープラ」で、フロントフェイスのキドニーグリルや大口化されたエアダクト、奥行きのあるフロントヘッドライト、そして足元のホイールを「Z4」に入れ替えた結果、フツ~に馴染んでしまいました。

何だろう…「Z4にクーペタイプの派生版がラインナップされました」と言われても何の違和感も無く受け入れてしまいそうな感じになり、個人的には結構アリなデザインになっています。

なお、今回のレンダリングを作成したのはデジタルアーティストのKleber Silva氏で、今回のようなフェイススワップのレンダリングはよく作成していたのですが、ここまで違和感の無い馴染みあるデザインに仕上げたのは珍しいとのこと。

☆★☆「スープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう