過激派チューナ・ダムド(DAMD)がマツダ「CX-8」専用ボディキットを発表。近日中に新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」のボディキットも発表予定

ダムドがマツダ「CX-8」専用ボディキットを発表

日本の過激派チューナでお馴染みダムド(DAMD)といえば、スズキの新型「ジムニー」をベースにメルセデスベンツ「Gクラス」やランドローバー「ディフェンダー」風の専用ボディキットを発表しましたが、今回はマツダの3列シートSUVモデル「CX-8」専用ボディキットを発表しました。

今回ダムドが提供するボディキットはシンプルでありながらもアグレッシブさを忘れない内容になっていて、フロントには巨大なスプリッターを装着し、ピアノブラックのアクセントやクロームリップ、そしてリヤディフューザー、LEDアクセサリライトをインストールすることでやり過ぎず控え過ぎずの絶妙な個性を発揮する外観へと変化させています。

スポンサーリンク

フロント・リヤ共にしっかりと主張しながらもやり過ぎない大人なカスタム

特にフロントは、かなりワイド&ローな印象を受ける外観となり、原型をある程度保ちながらもちょっとメカメカしさも加えた男らしいデザインとなっています。

リヤデザインはこんな感じ。
サイドスカートからリヤディフューザーにかけての装備はもちろんですが、全体的に違和感のないナチュラルなカスタムに仕上げられているのではないかと思います。

特にリヤエンドは、ゴツゴツしたやり過ぎない仕様になっていますし、ある程度主張性を持たせたリヤディフューザーも適度な味があって非常に好み。
ファミリー向けの3列シートSUVには持って来いのカスタムだと思います。
なお、エキゾーストパイプには、カーボンルックのチップを装備することで高級感とスポーティ感を追加しているものの、基本的にはエンジンチューニングは行っていないため、これといったスペックアップは無しとなります。

ちなみに、ダムドは今後「CX-8」専用ボディキットだけでなく、5月末より登場する新型「アクセラ/マツダ3(Mazda3)」専用ボディキットも発表予定とのこと。これについての詳細は不明ですが、もしかすると「CX-8」とは対照的な超絶過激な外観を持つ一台になるのではないかと予想しています。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう