フェラーリ「360モデナ」がオークションにて出品へ。予想落札価格は今後更に高騰するかもしれない約890万円から

~遂に「360モデナ」も価格高騰の対象に?~

ほぼ絶滅危惧種扱いとなっているマニュアルトランスミッションを搭載し、更に「F355」に続いて価格高騰が期待されるフェラーリのエントリーモデル「360モデナ」が、一切改造などされていない状態にてオークション出品されることがわかりました。

スポンサーリンク

~程度は良好、改造無しの完全純正品~

5月10日より、イギリスのチッピングノートンにて開催されるHeythrop Classic Car Saleシルバーストーンオークションにて出品される「360モデナ」ですが、2000年に製造された個体で、Argento Nurburgringと呼ばれるシルバーカラーにて塗装され、インテリアはBlue Scuroのレザーシート(オプション)を採用しています。
足元については、シングル5スポークタイプのシルバーアルミホイールやレッドのブレーキキャリパ、純正のスポーツサスペンションをインストールしています。

その他には2つのオリジナルキー、室内専用リモコン、サービス履歴を示したメンテナンスブック等も全て準備しています。
走行距離は、約20年という所有歴に対してそこまで走り込まれていない45,062kmで、定期的なメンテナンスは実施済みとなっています。

パワートレインは排気量3.6L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力400hp、トランスミッションは6速MTが設定されています。

ちなみに、この個体の予想落札価格は約890万円からとのことですが、この個体も今後も価格が高騰する可能性がある一台としてピックアップされています。

☆★☆「360モデナ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう