BMW・新型「M135i xDrive」のフロント・リヤが完全リーク。意外にもキドニーグリルは大きめ、若干クロスオーバー風にも見える?

~遂に新型「1シリーズ」のデザインが明らかに~

2019年内に発表・発売する予定のBMW・新型「1シリーズ」ですが、このモデルのトップレンジグレードとなる「M135i xDrive」と思われる画像がリークしています。
ベイビーBMWとして登場する予定の「M135i xDrive」の外観を見ていくと、サテンアルミニウムにて仕上げられたキドニーグリルフレームとメッシュグリルが採用されていますが、新型「3シリーズ/X5」のようなグリルシャッターは設けられていませんね(どちらかという新型「Z4」に近い?)。

更に両サイドのヴァーティカルタイプエアインテークを搭載し、ロアグリルの下にはアグレッシブなブラック・チンスポイラーを装着しています。

スポンサーリンク

~リヤデザインは新型「3シリーズ」よりも控えめなリヤテールランプを採用?~

リヤデザインはこんな感じ。
新型「3シリーズ」に近い(っというよりも控えめ?)スリムなL字のテールライトが設けられ、サイドエアアウトレットを組み込んだリヤアンダーバンパーはグロスブラックに塗装されて高級感が増しています。
スタイリングとしては、ハッチバックというよりもクロスオーバーに近いかもしれませんね。
またエキゾーストパイプは、両サイド1本だしのデュアルエキゾーストをインストールしています。

プラットフォームは、前輪駆動システムのFAARアーキテクチャがベースになっていると思われ、更にリミテッドスリップディファレンシャルを備えるだけでなく、トランスミッションは8速ATを搭載するものと思われます。
パワートレインは、「X2 M35i」と同じ排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力306ps/最大トルク450Nmを発揮します。

なお、このモデルは2019年末までに欧州にて発売する予定で、その前に5月27日にワールドプレミア予定となっています。

☆★☆BMW関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう