【ガソリン編】トヨタ・新型「RAV4」に試乗。何とアイドリングストップ機能無し、それでもオフロードSUVとは思えぬ上質な走りに脱帽

~早速新型「RAV4」試乗してきた!~

さて、4月10日に発表・発売されたトヨタの新型SUV「RAV4」にようやく試乗することができましたので、早速レポートしていきたいと思います。
予めお伝えさせていただきますが、今回トヨタディーラさんにて開催された新型「RAV4」特別試乗会は、お客さんの試乗待ちが異常に多く、全く車の撮影ができておりません。ですので、以前の画像の使い回しとなってしまいますので、その点についてはご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

そして、エクステリアやインテリアに関するインプレッションは、以下の記事にてご紹介しておりますので、気になる方は是非とも参考にしていただけますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~改めて外観を一通りチェックしていこう~

新型「RAV4」にて試乗したモデルは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの両方となっています。
今回は、僅差で要望の多かった【ガソリンモデル編】からレポしていきたいと思います。

今回試乗させていただいたモデルは、ガソリンモデルの中でもトップグレードとなる”G Zpackage”で、ボディカラーはシンプルなホワイトパールクリスタルシャインとなります(上の画像はアティチュードブラックマイカですが…)。
インテリアは、標準装備となる合成皮革+ライトグレーステッチのシンプルなベーシックタイプですが、座り心地としてはトヨタらしくもちょっとカタメにて設定されています。

気になるエンジンですが、今回はガソリンモデルということで、排気量2.0L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジンを搭載し、最高出力171ps/最大トルク207Nmとかなりトルクフルなスペックを持つ一台となっています。
このエンジンは、優れた低燃費性能(WLTCモードで15.8km/L)を持ちながらも、マルチホールの直噴インジェクタやロングストロール化などによって燃焼効率を高速化し、加えて吸気バルブの開閉タイミングを最適制御するVVT-iEを採用することで、アクセルレスポンス性を向上させているそうです。

既にエクステリアのインプレでもお伝えしておりますが、まずパッと見で感じることとしては、とにかくデカイ事。
「カムリ」等にも採用されるTNGAを搭載することで、ボディは全体的にサイズアップしての全長4,610mm×全幅1,865mm×全高1,690mm、そしてホイールベースは2,690mmと非常にロングでありながらも、安定した走りを得るためのサイズアップとなっています。
何と、上位モデルとなる「ハリアー」の全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmに比べて、車幅は更にワイドになっているため、それだけでも十分なボリューム感であることが伝わってきますね。

~新型「RAV4」の車内に乗り込んでみよう~

さて、一通りのサイズ感をチェックした後は、早速車内に乗り込んでいきます。
かなり大柄なボディを得た新型「RAV4」ですが、いざ乗降りをしてみると、そこまで大柄なSUVとは思わせないほどにスムーズな乗降りができますね。

感覚的な話にはなってしまいますが、「ハリアー」よりも乗降りしやすいんですよね。
おそらくですが、シートとサイドシルの距離が相当に近くなっているということもあって、脚で跨ぐ距離がかなり短くなっていることが大きなポイントになっているんだと思います。
新型「RAV4」の試乗が終わったあと、すぐさま展示車両の「ハリアー」に乗降りしてみましたが、その違いはかなり明確なものであったと記憶しています。

コンパクトクロスオーバーの「C-HR」だと脚はそこまで上げる必要はなくとも、少し姿勢を屈むようにして乗らなければいけないのに対し、「ハリアー」は姿勢をそこまで屈まなくて良い一方で、その分脚を上げなければならない煩わしさがあったので、新型「RAV4」はそれらのデメリットを無くしたと言っても良いでしょう。

~まずはエンジンをかけてみよう~

シートの乗降りに感動したところで、早速シートに座ってパワーシートにて調整した後、ステアリングも手動ながらにチルト&テレスコピック機構を用いて位置調整を行います。
ブレーキを強く踏み、エンジンスタートボタンを押すとエンジンが始動します。
エンジン始動時にさり気なく後方から「ブォォン」とサウンドが聞こえますが、車内で聞く分にはかなり静かなレベルで、しかもエンジンの振動は全く伝わってきません。

ブレーキを踏みながら、センターシフトノブ(シフトブーツ付で高級感がある)をDレンジに移動させます。
シフトノブはかなりゴツイ印象を受けますが、握ってみるとこれがまた結構しっくり来るんですよね。握りやすいと言いますか。ナチュラルに左手が置けるところに配置されているので、何の躊躇もなく操作することができます。

~公道にて試乗スタート!~

電動パーキング式なので、サイドブレーキ等はなく、そのままアクセルを踏めば前に進みます。
ディーラの駐車場から公道に映るために、歩道の段差を乗り越える必要があるのですが、乗り越えた際の衝撃はかなり緩和されていて、「本当に段差乗り越えたの?」とちょっと疑ってしまう程に高い剛性を発揮しています。
そしてそのまま直線の公道にて加速していくのですが、やはり直4ダイナミックフォースエンジンということもあってトルクフル。軽く踏むだけでめちゃくちゃスムーズに加速していくので、何のストレスも感じませんね。

ただ、直観的にアクセルを踏み込んだときのエンジンは非常に静かなので、本当に加速しているのかどうか、ちょっと不安になるときがあるんですよね。シレッと速度メータを見てみると結構なスピードが出ていますし、こうしたところでエンジンが静かだと色々と勘違いが起きてしまうのが難しいところ。いや、もちろん全く悪いことではないんですけど、個人的に結構気になるポイントではありましたね。

国道の次は、市道に入ってアップダウンの激しい道を走らせて頂いたのですが、これが思った以上に軽快で、多少オーバースピードになってもロールで外側に膨らまないようになっています。
走りの質感としては、大型のSUVに乗っているにも関わらず、中型セダンに乗っているような印象を受け、しかし対向車両とすれ違う時には、「やっぱRAV4はデカイし視界がセダンと違うなぁ」と思わせる程に高いパフォーマンスを発揮しています。

~ちょっと気になる点も…~

ただ、新型「RAV4」特有と言いますか、個人的にちょっと残念だと感じのはパドルシフトが設定されていないということ。
山道の下りにおいて、パドルシフトを多用してしまう私にとっては、コレが設定されていないのは結構なマイナスポイントだったりするんですよね…
フットブレーキの方が強力で、後続車両にブレーキをしていることを伝える重要なツールではありますが、家族を乗せていたりすると、必要以上にフットブレーキを多用(軽く踏んでも同様)してしまうと、姿勢が前のめりになってしまって同席している人たちにとっては、あまり気分の良いものでは無かったりします。
パドルシフトによるエンブレだと、そういった問題もある程度解消するので、やっぱり個人的には有った方が良いかなぁと思ったりはします。

あと、これも結構衝撃的だったのは、新型「RAV4」のガソリンモデルではアイドリングストップが付いていなかったということ。
信号の多い道や、渋滞が発生したときに、少しでもガソリンの消費を抑えるために重宝されるアイドリングストップ機能が付いていないのはかなり残念なポイントですね。

走りの点においては、言うこと無しで上質な一台なのですが、乗り続ける上でどうしても必須になるであろう要素が欠けているのを見つけてしまうと、それがすごく目立ってしまう一台でもあるように感じますね。

~新型「RAV4」を試乗してみて~

今回試乗させて頂いた新型「RAV4」のガソリンモデルですが、トータル的に見ても間違いなく上質で乗り続けていく上では決して疲れない一台だと思っています。
エントリーモデル以外は基本的に四輪駆動で、雪道や舗装されていない悪路にも強い一台だと思いますし、オンロードにおいても高い品質を持った走りを提供してくれるので、今回の短い公道試乗でも、その良さが十分に伝わってきました。
個人的には、上記にて挙げたマイナスポイントをクリアしていたら文句の付けようのないパーフェクトな一台だと思っていて、しかしマイナス面があってもそれをフォローするだけの機能を十分に兼ね備えた一台だと思っています。

新型「RAV4」に関する記事はコチラにてまとめています。

☆★☆新型「RAV4」公式カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「RAV4」の見積もり関連記事2選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう